« 波乱の時代 下 | トップページ | 前日受付に! »

2008年4月19日 (土)

静岡県後期高齢者医療広域連合

この4月から、内の両親が加入している医療保険の名前です。今までの国保保険証と老人保険証は4月から後期高齢者医療保険証1本となり、両親の保険管理は静岡県広域連合が行うそうです。

今まで老人保健制度における医療費は、医療機関受診の際の窓口負担(一部負担金)以外に公費(国、都道府県、市町村)で5割、国民健康保険及び被用者保険からの拠出金で5割を負担し、これらを財源として医療給付費等を支払っています。

   後期高齢者医療広域連合のホームページには⇒

  後期高齢者医療制度は、医療制度の運営に必要な財源の約5割を公費(国、都道府県、市町村)が負担し、現役世代からの支援金が約4割を負担し、残る1割を後期高齢者医療制度へ加入する人(被保険者)が保険料を納付し、負担します。

 しかし、単純に考えて財源の1割の保険負担で、窓口での1割を支払うだけで、全ての高齢者が平等に医療を受けられるのだから、良い国ですよね!

でも、いつまでもこのままの負担では長続きしないのは明白で、何れ保険負担2割、窓口負担3割になるでしょう。医療自体も包括制にどんどん進み、高齢者の慢性疾患は一般の慢性疾患とは別立ての診療体系化になるような気がします。

  また、この制度の運営主体は、都道府県の区域ごとにすべての市町村が加入する広域連合となり、静岡県の場合は、静岡県後期高齢者医療広域連合です。

 後期高齢者医療制度では、被保険者である高齢者一人ひとりが都道府県ごとに同じ基準で保険料を納めていただきます。
 したがって、被保険者全員から保険料を納めていただくため、これまで被用者保険の被扶養者として保険料の負担のなかった人も、保険料を納めていただくことになります。

 とあります。

Photo_2 つまり、医療機関への診療報酬の支払はこの広域連合から支払われることになる。審査は従来通り国保で行うのでしょうか?いろいろな団体が出来て大変ですねweep この後期高齢者医療はいづれ包括制になるでしょうが、いままで医療機関側としてはドル箱の高齢者医療も報酬面では先細りしてゆくのでしょう。

 カズのいい加減な提案ですが、この後期高齢者医療制度と介護保険制度を統合して、高齢者医療・介護保険でシンプルに包括すれば良いと思います。そうすれば、医療と介護従事者が連携して効率的になるように思いますが。高齢者にとって医療と介護の境などありません、特に在宅では一体として進めて欲しいと家族は考えている。とにかく制度が違うと、複雑で書類も多くて煩雑。費用削減しなければいけないのに逆ではと思う。

名称

静岡県後期高齢者医療広域連合

設立年月日

平成19年2月1日

構成市町

静岡県内全市町

事務所の所在地

静岡市葵区黒金町59番地の7 ニッセイ静岡駅前ビル3階

広域連合の事務

1.被保険者の資格の管理に関する事務
2.医療給付に関する事務
3.保険料の賦課に関する事務
4.その他後期高齢者医療制度の施行に関する事務

 市町村の事務 … 保険料の徴収、申請や届け出の受付、保険証の引き渡しなどの窓口業務

|

« 波乱の時代 下 | トップページ | 前日受付に! »

健康」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34418/20372074

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県後期高齢者医療広域連合:

» 木村佳乃、乳首が見えても平気です! [木村佳乃、乳首が見えても平気です!伊勢谷友介との恋愛報道真っ最中の流出映像!]
木村佳乃、乳首が見えても平気です!伊勢谷友介との恋愛報道真っ最中の流出映像! グ [続きを読む]

受信: 2008年4月19日 (土) 21時53分

« 波乱の時代 下 | トップページ | 前日受付に! »