« 3日続伸!kちゃんへのレターは? | トップページ | ブーゲンビリアの花びらが! »

2008年6月 3日 (火)

ダブル三ちゃん強し!

今日の東京マーケットは、NYの大幅安と円高を受けて、日経200円超の下げでKちゃんへのMレター通りでした、そんな中でもKちゃん手持ちとカズ手持ちのダブル三ちゃんは上げました。なんと元気でしょうlovely。両社ともキーワードはKちゃんへのレターの通り、電池ですね。今のマーケットの旬は電池です。この電池の直接銘柄は今日も凄い上げで、FDKや古河電池、GSユアサは連日のストップ高の様相ですが、旬はいつまでも続かないのですね。環境関連銘柄は北海道サミットまで活況でしょうか。

 話は変わりますが、仕事がら少しは福祉のこも勉強でもと思い、先日図書館で財団法人長寿Fuji115 社会開発センターの「生きがい研究」という少し硬い本を今読んでいます。あまりこういった本は好きではないですが、「生きがい」というタイトルがなんとなく気になって借りてきました。やはり高齢化社会を堅苦しく、難しく研究している? いやいや頑張っている難しい課題に取り組んでいる方々の研究成果の本です。

この本の中で、京都大学の松林先生がフィールド医学の立場から面白い報告がありました。松林氏は東アジアの高齢者のフィールド医学研究として、大阪の老人ホーム、ミャンマーのカトリック系の老人ホーム、仏教系の老人ホームでの高齢者を比較した報告として、うつ症状がそれぞれ、53%、21%、6%であった、またQOL指標も経済的満足度以外は大阪の老人ホームの高齢者の指数が最低であった。大変貧しいミャンマーの高齢者より、豊かな国の大阪の高齢者の方が、うつ症状が多いか?それは氏はSpiritual(霊的・精神的)な要素によるところが多きいと分析していた。ミャンマーの老人ホームの高齢者の最も幸せな時間は、仏教系のホームの高齢者は瞑想の時間で、カトリック系の高齢者はお祈りの時間だそうです。高齢者にとっての満足度は物質的や経済的なものでなく、精神的なものが大きいということである。つまり、信仰心の少ない日本人は精神的・肉体的に衰えた老後に縋るものが無い、そんな国の高齢者に自分もなるのかと考えると、なんとなく寂しく感じまし。

|

« 3日続伸!kちゃんへのレターは? | トップページ | ブーゲンビリアの花びらが! »

介護」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34418/21390709

この記事へのトラックバック一覧です: ダブル三ちゃん強し!:

» IC3〜世界共通の資格試験〜 [IC3〜世界共通の資格試験〜]
パソコンの初心者は、パソコンに関して何から覚えていけばいいのかということを考えたとき、IC3の学習を通して基本をマスターしてみるといいでしょう。 [続きを読む]

受信: 2008年6月 4日 (水) 17時27分

« 3日続伸!kちゃんへのレターは? | トップページ | ブーゲンビリアの花びらが! »