« 想定外の筋肉痛! | トップページ | お茶摘!甘く苦い新茶が。 »

2009年4月28日 (火)

ウルトラマラソンの意味は?

 ウルトラマラソン100km完走から2日経過しました!昨日の筋肉痛もかなり和らぎ今日は仕事が出来ます。この筋肉の回復力は凄いですね!昨日午前中まで、手すりがないと階段を降りられない状態wheelchairだったのですから!昨日1日ゆっくり休み、足にテーピングしたImg_2153_2 り、マーサージしたり、ストレッチしたり、夕方には少しウォーキングしたりと、いろいろとケ アしたお陰なのでしょうか?いつも右側の足の疲労が多いのに、今回は左膝周辺とハムストリングスが筋肉痛でした。最近レースに参加した後も、日常生活に不便を感じるほどの筋肉痛にはなることがありませんでしたので、今回の強烈な筋肉痛が100kmを走ったんだという証のような感じがして、今日は心地よい気分に変化していて、なんともいえない達成感というか充実感が沸いてきています!happy01

 昨日の午前中までは、「もうウルトラマラソンはこりごりだ!」と感じていたのですが、今日は苦しく走ったコースを楽しく回想している自分が不思議です!「よくも100km走れたな!」 後半は地獄の痛みで、何度もリタイヤを考えたのにfoot

 「諦めない!」の言葉を噛み締めて、ラスト10kmを富士山の麓のゴールを目指して懸命になっている自分を思い浮かべます!「マラソンは自分との戦いだ!」とよく言われますが、本当に弱気な自分が13時間の中で随所に出てきて、リタイヤの誘惑に何度も負けそうになりながら、その度に「諦めない」と誓ったではないか!と自分を鼓舞して前に進む。

  以前よんだ北京オリンピックゴールドメダリスト日本女子ソフトボールエースの上野選Img_2160 手の本の中で、上野が子供の頃から母親から言われていた言葉、「他人には負けてもいい、でも自分には絶対に負けるな!」を思い出しました。そうです克己心です!

 flair自分に勝つためには、いろいろな環境が大切ですね!家族や周囲の応援、今回の100kmでも沿道の一般に方々の暖かい応援!20箇所以上のエイドステーションでのスタップからの激励のコメントには大いに励まされました。そして、今回も1泊2日のカズのウルトラ挑戦に旅に同行してくれた私設応援団兼、運転手兼、カメラマン兼の奥さんには、朝3時起きから1日中応援バスに乗りコースの関門ごとに携帯で連絡をとりながら応援してくれた、内のお母さんには感謝!それから、今までの日々の朝ランと週末ランニングの成果です。今年に入り1200kmも走っているんだからと言う自信が、ラストの登りで背を押してくれました。自分に勝つためには、いろいろな環境を自分自身の中でプラスに転じていくことが大切だと感じます。

 でも、このスポーツは周りからは変人に見られる傾向が強い、一緒に同行してくれた奥さんにも、変人扱いされたいます。でも変人に見られても一向に構いません!人生にこんなに熱中できることは少ない、50歳にもなってそう感じます。

|

« 想定外の筋肉痛! | トップページ | お茶摘!甘く苦い新茶が。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

マラソン大会」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

読書感想」カテゴリの記事

コメント

完走おめでとうございます。

前日の暴風雨が予報より早く過ぎて、大変良かったと思います。私もカズさんが頑張っている日だと想定して、最長の12kmにチャレンジしました。

それにしても、10kmを走ってみると、100kmの凄さが解ります。還暦を超えたので、せめてハーフマラソンという気持ちになってきました。

これからも、このブログを読んで、文武両道の刺激を受けたいと考えています。この100kmはカズさんにとっても、記念すべき一里塚になるのではないでしょうか。体調管理に留意されて、益々ご活躍下さい。

本当におめでとうございました。

投稿: はぐれ雲 | 2009年4月28日 (火) 14時32分

はぐれ雲さん、コメントありがとうございます。人間の肉体は、動かせば無限の可能性があるそうです、それも年齢に関係なく。お互いに、可能性を大切に!

投稿: カズ | 2009年4月28日 (火) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34418/29331519

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマラソンの意味は?:

» 視力回復 子供 [視力回復 子供]
子供の視力回復を願わない親はいません。視力低下した子供の視力回復トレーニングなど。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 6日 (水) 13時40分

« 想定外の筋肉痛! | トップページ | お茶摘!甘く苦い新茶が。 »