« 今年もご来光を! | トップページ | カレー美味しかったよ! »

2009年5月23日 (土)

娘の気持ちが多少理解!

 女性は鏡が好きである?もうじき21歳になる、娘は1日何時間鏡と睨めっこしているのか?・・・・ 特に目元周辺のアイラインへの化粧には相当な時間を費やしているようです。eye娘が高校生の時に、一重瞼の娘が二重にしたくて、鏡の前に毎日何時間も悪戦苦闘していたのを思い出す、今はいろいろなアイラインの化粧でごまかしているようだが!

 娘と同じく、世の女性達は、鏡に向って化粧する異様なまでの執着心は、カズには理解できないと以前から思っていましたが、先日図書館から借りてきたbook「化粧する脳」(茂木健一郎著者)を読んで、多少娘の気持ちが理解できたような!

Photo

この本は脳科者の視点で、化粧について書かれている内容ですが、この本の中で、カネボウ化粧品との共同研究で、女性が飽きもせずに化粧する謎を解くヒントとして、女性が鏡に向かっている時は、脳が喜んでいるという結果が出たそうです。特にアイメイクしている時!

 鏡に向かって化粧をする前の素顔の自分と眼が合うと、脳の快楽のホルモンであるドーパミンが多く放出される。つまり化粧後の自分の姿が他者(もしくは社会的)に認められることを想像し、期待感や励み、意欲といった感情が湧き上がってくると考えられるそうです。

 常に見ている鏡は自分の顔が逆に映っている鏡像(左右逆)、他人が見ている顔が正像。だがら、見慣れない正像を見ると違和感を覚えるそうです。

一般的に化粧には、左右の異差を少なくして対称的に見せる作用があるとされる、化粧することで、自分にとって自然な鏡に映った自分の顔(鏡像)と他者がいるも見ている自分の顔(正像)との距離を多少とも縮めるとこが出来る。つまり女性は他者の視線を自分の中に取り込み、自分の顔を確認しているという高度なメタ認知を行い、これから出会うであろう誰かのため、社会的コミュニケーションを円滑にするために、心(脳)に化粧しているそうです。・・・・解ったような????

|

« 今年もご来光を! | トップページ | カレー美味しかったよ! »

介護」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

読書感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34418/29751246

この記事へのトラックバック一覧です: 娘の気持ちが多少理解!:

» もっと美しくなるためのヒケツ [もっと美しくなるためのヒケツ]
もっと美しくなるためのヒケツ [続きを読む]

受信: 2009年5月23日 (土) 16時23分

» ブックオフ [ブックオフ]
直接ブックオフの店舗に持ち込むの場合と、本を宅配便でeブックオフに送る場合のブックオフの買取価格に違いがあるかなどですが、 [続きを読む]

受信: 2009年5月23日 (土) 23時18分

» エポーラシェ ピューローション☆美肌栄養 [エポーラシェ ピューローション☆美肌栄養]
エポーラシェ ピューローション☆美肌栄養 [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 00時06分

« 今年もご来光を! | トップページ | カレー美味しかったよ! »