« がんとどう向き合うか! | トップページ | タイムマシーンに乗って35年前に! »

2009年6月16日 (火)

「心の痛み」 ⇒ スピリチュアルペイン

 前回の記事に続き、「ホスピス宣言」を読んで!

51g 先日読んで、感動した一冊「病院で死ぬということ」の著者山崎章郎先生の、メスを捨ててホスピス医療に進まれた「ホスピス宣言」。

 外科医である、山崎先生がメスを捨ててホスピス施設に進まれた内容です。末期ガンや進行がん患者の治療の選択として、ホスピスがあることは知っていましたが、その内容や目指すことがこの本で少し理解できたかな?・・・

 flair山崎先生の言う、ホスピスケアとは、「患者さんが自分の死までのプロセスを少しでも納得しながら過ごせるように支援すること」

 先生のホスピスではナースが受け持ち患者さんとご家族に、1日中付き合うそうです。ホスピスに入る時は、「ようこそ!」というホスピタリティの気持ちで迎える。死に直面して来た患者や家族の労をねぎらい、「これからは共に歩んでいきましょう」という意味での「ようこそ!」だそうです。

 flairホスピスの最も目指す目的は、スピリチュアルペインを取ってあげるために支援してゆくこと。このスピリチュアルペインとは、肉体的にも精神的にも衰弱し、死を意識し、これ以上自分が存在する意味を見失っ手しまった時に感じる心の痛み。特に排泄の問題が生じたときに、自分の尊厳が見えなくなり、皆に迷惑をかけてしまうと感じる心の痛みが典型例だそうです。その「心の痛み」に共感してケアしてゆくのがホスピスの役割だそうです。

 Isohiyodori    この本も凄く勉強になりました、「スピリチュアルペイン」という言葉は、末期ガン患者のケアをする、ホスピスや緩和ケア病棟での医療関係者で認知されていることのようですが、高齢者の介護支援での、この「心の痛み」を感じているケースが多いと思います。また、カズの両親についても他人ごとではない、お年寄りは、肉体的にも精神的にも弱ってくると、社会や家族からの疎外感を強く感じ、僻みっぽくなりますよね!これも同じ「心の痛み」なのでしょう? 

 自分の存在することが他人に迷惑をかけていると感じる心の痛み、生きがいを失った時に感じる心の痛み、は末期ガン患者や介護老人だけが感じる痛みではなく、社会的な弱者・身体的な弱者・精神的な弱者が感じている痛みなのでしょう!だからそれを分かってあげる存在が大切だということでしょうか?難しい問題ですが!

|

« がんとどう向き合うか! | トップページ | タイムマシーンに乗って35年前に! »

介護」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

医学・科学」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

読書感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34418/30129690

この記事へのトラックバック一覧です: 「心の痛み」 ⇒ スピリチュアルペイン:

« がんとどう向き合うか! | トップページ | タイムマシーンに乗って35年前に! »