« 地酒で一杯! 花の舞い原酒。 | トップページ | 年甲斐もないことを! »

2009年8月27日 (木)

感動の一冊でした! 素敵な家族愛を!

 「絶望したり、あきらめたりすることはありません。乗り越えられない逆境はないし、逆境を乗り越えた時こそ自分が大きく成長できます。だらか逆境は大きなチャンス」

    楽天イーグル 岩隈投手の著書「絆」の冒頭の言葉です。

       とても素敵な内容でした。

240pxdouglas '06年、'07年にドン底にいた岩隈投手、肘の手術を乗り越えて、「改心」し、'08年は三冠投手、パ・リーグMVP、沢村賞、ゴールデン・スピリット賞を受賞した楽天のエース。

手術後リハビリ中に「冬は必ず春となる」という手つくり絵本を家族から贈られて心のリハビリにもなり、岩隈投手の宝物だそうです。

この本の中で、妻のまどかさんのコメントが随所に出てきますが、この本を読んで、岩隈投手の活躍の支えになっている、まどか夫人の影響は、はかり知れないと思いました。

プロ野球選手の社会貢献活動に対するゴールデン・スピリット賞受賞も、まどか夫人の存在が大きいと岩隈投手も、本の中で言っています。楽天イーグルの宮城スタジアムに「岩隈シート」が話題を呼んでいて、岩隈投手が奥さんと相談して、年間指定座席シートを購入して、東北地域の児童養護施設の子供や身体障害者の子供、特別養護老人ホームのお年寄りを招待していて、とても喜んで戴いているとのこと。

 まだ、岩隈投手は28歳、まどか夫人は27歳と若いのに、人間的にも大変にしっかりした夫婦だと感心しました。

 本の中で岩隈投手が、まどか夫人が岩隈投手にかける「元気のでる言葉」があり、

「妻はいつも僕の心が下向きになっているときに、ごく自然に上向きになるような言葉を言ってくれます。」とありました。

 言葉は悪いですが、まどか夫人は、旦那を強くし、上向かせる・・いわゆる「あげまん」ですね。また、岩隈投手の「素直さ」を強く感じました。素直な人間は力を得ると強いね!カズ夫婦の子供の世代の岩隈夫婦ですが、いろいろと教えられました。

  昨日は、この本の内容に感激して、美味しいビールbeerがいただけました。

|

« 地酒で一杯! 花の舞い原酒。 | トップページ | 年甲斐もないことを! »

「スポーツ」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

読書感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34418/31121443

この記事へのトラックバック一覧です: 感動の一冊でした! 素敵な家族愛を!:

« 地酒で一杯! 花の舞い原酒。 | トップページ | 年甲斐もないことを! »