« 東京マラソン 落選メール! | トップページ | 楽天CS第二ステージへ! »

2009年10月16日 (金)

「ランナーズハイ!」

 今日も素晴らしい秋晴れsun

お仕事休みなので、朝食後に、久しぶりの天竜川河川敷公園にrun・・。自宅から、ジョギングして約10分で、天竜川河川敷に入ります。Img_2441

この河川敷公園は、浜北飛龍祭りの会場になる場所です、休日には地元の凧上げマニアが来て凧を上げています。一周約2kmの公園内は、草むらになっていて土日はブラジル系の方々がバーベキューをして盛り上がっています。

Img_2445_2 

  その先を走ってゆくと、写真のサッカー場や野球場があります。この土場のトラック400mを今日は5周しました。

トラック練習なんて、殆どやりませんが今日は、先日のブログ記事にしたインターバルトレーニングでも!と思ってこのトラックを走ったのですが、直ぐに飽きてしまいました。やはりトラックを走るのは「つまらない!」のです。景色が変わらないと飽きてしまいます。

   flairさて、今日のタイトルの「ランナーズハイ」について、

 以下はヤフーのYahoo!知恵袋から

ランナーズハイとは、マラソンやジョギングなどをしていて最初は苦しいが、
走っているうちにだんだんと気分が良くなってくる現象です。
何故このような現象が起こるかというと人間の脳には強い痛みやストレスを感じると
脳下垂体から一種の麻薬成分である
「エンケファリン」「エンドルフィン」という物質が作られます。
これらの物質には人間の感じる痛みやストレスをやわらげる作用があります。
つまりマラソンやジョギングで「苦しい」と感じると
これらの物質が分泌されランナーズハイが起こるわけです
ランナーズハイになるといつまでも走っていられるような感覚になります。
これも人によって違います。1人で走っているよりも2人などで走った方がなりやすいと言われています。
出産時にも普段の6倍の量のエンドルフィンが分泌されるそうです
http://www.nagoyatv.com/hikaru/kenkyu/040508/

 という解説のように、ランナーが経験する、走っていると「気持ち良いな~!」と感じる感覚は脳からのホルモン分泌によるそうですが、理屈は別にして、この気持ち良いという感覚があるから、runしているようなものなのかも知れません。

 カズの場合、朝のランニングに出発して約20分位で、最初の「ランナーズハイ」を感じます。なんと表現したら良いのか「爽快感・ときめき感!」とでも言うのでしょうか?その感じは、日によって異なり、体調やコースや距離によっても、異なります。また、森林公園や林道を走るトレイルランでは、その感じが増します。だから、ある意味麻薬のような依存症状になっているのかも知れないと感じることもあります。

  マラソンにはまっている、市民ランナーはこの「ランナーズハイ」があるから、走っているのではないでしょうか?でないと長時間の苦しいだけのスポーツに人気があるわけないよね!happy01

|

« 東京マラソン 落選メール! | トップページ | 楽天CS第二ステージへ! »

ジョギング」カテゴリの記事

マラソン大会」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34418/31809589

この記事へのトラックバック一覧です: 「ランナーズハイ!」:

« 東京マラソン 落選メール! | トップページ | 楽天CS第二ステージへ! »