« 週末に考える! 「夫婦」 | トップページ | 夫婦のメンテナンス 「夫婦喧嘩!」 »

2009年11月23日 (月)

バリアアリーか!

 昨日、娘に録画を頼んでいたNHKプロフェショナル「リハビリが、人生を面白くする」~作業療法士 藤原茂さんの活動を見ました。

 藤原さんの開設している障害者福祉施設では、あえて施設内にバリアを設けていて、麻痺のある障害者にその障害を意識させることがリハビリになるという発想の転換!だから「バリアありー」というわけだそうです。なるほどeyehappy01と思いました。Photo02

 また、藤原さんの施設では、娯楽や趣味を生かしたユニークなリハビリメニューがいろいろとあり、利用者が「楽しめる!」ものとなっています。例えば、施設内だけの通貨を発行して、ポーカーを楽しむなどギャンブル的な要素も含まれています。それも利用者が自分でメニューを選択できるシステムになっています。

 藤原さん曰く、「心が動けば、体が動く」・・・

心身の機能を回復させようと一生懸命リハビリをしてもなかなか回復できず、あきらめてしまう人は少なくない。そこで藤原は、娯楽や趣味など、「やってみたい」「楽しそう」と思わせるような活動をリハビリのメニューに盛り込む。やりたいことに一生懸命打ち込んでいく中で、自然と体をどんどん動かすようになって、結果的に機能の回復につながっていくと、藤原さんは考える。

 flair最近、高齢者の福祉施設がいろいろと出来て、平日の昼間に田舎の道を走っているのはデイサービスの車がほとんど。でも、高齢者にとって、デイサービスでのリハビリは、このテレビの施設のように、「楽しく、やりがいのある」ものになっているのでしょうか?

 この内容を見て、まず感じたのは藤原さんの、「リハビリに対する情熱というか、時にはムキなる熱意」 藤原さんもテレビの中で言っていましたが、

「自立した生活を送れるようになるまでの長く険しい道のり。時には、リハビリをやりきる気持ちにブレーキがかかることもある。藤原は、そんな相手の心に訴えるとき、あえてむきになる。「あなたのことを放っておけない」という思いを“むきになって”伝え続けることで、相手から「それだけ言うのなら自分もがんばろう」という気持ちを引き出し、再びリハビリに向き合ってもらう。」

 このムキにまでなる熱意が利用者の体を動かしているんだな~~と感じました。

 大変に共感できる内容です、人間力って凄いね!

|

« 週末に考える! 「夫婦」 | トップページ | 夫婦のメンテナンス 「夫婦喧嘩!」 »

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34418/32317955

この記事へのトラックバック一覧です: バリアアリーか!:

» 障害者年金 受給資格 [障害者年金 受給資格]
障害者年金の受給資格についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年11月27日 (金) 13時57分

« 週末に考える! 「夫婦」 | トップページ | 夫婦のメンテナンス 「夫婦喧嘩!」 »