« 「ひざ痛」は怖くない! いつまでも走るための最新ケア術 | トップページ | ランニングしても寒い! »

2010年2月 3日 (水)

エンゼルメイク!って知ってますか?

 暦の上では明日は立春です。もう春ですか?、早いですね!

 けどまだ寒いですね!snow今日は、白いものが舞っていました。

  今朝の朝ランも、まだまだ手袋がありがたい冷たい朝でした。happy01

 先日風邪をひいた両親も、昨日から10日ぶりでラジオ体操に行き始めました。

 親父は、昨年までは風邪をひくと、肺炎に移行して、医者で点滴を受けたり、

 入院したりと大事になっていましたが、今回は軽症で済んでいます。

  親父も4月3日の誕生日で80歳です。  本人は80歳まで生きられると

 思ってなかたっと、最近良く口にしてますが・・・

  今日は地元の老人会の新年会にお袋と二人して行ってきて、ご機嫌でした。

 老人会では、うちの両親はまだまだ若い年なのですが!

   

   読者の皆様、「エンゼルメイクという言葉知ってますか?」

  看護師や医療・介護従事者の方はご存知だと思いますが、先日読んだbookでこの言葉を知りました。映画「おくりびと」で納棺士のお仕事で死化粧の場面がありましたが、死者を看取る時に行うエンゼルケアの一部です。エンゼルケアとはナースなどケアをする立場の人が担う、亡くなった人やその家族への全てのケアのこと。例えば、家族に退院後のための様々な情報提供をしたり、担当医と家族の面談を作ったり、遺体の冷却をしなりなど、人が亡くなったときにする全てのケア。

その中でエンゼルメイクというのは、亡くなった人の顔やスキンケア・メイク・シャンプー・着替え・爪切り等がエンゼルメイクだそうです。2128

 近年、病院で死を迎えることが多くなり、医師から臨終を告げられてから、家族とのお別れの時間が短く、流れ作業的に霊安室に運ばれて退院。

 最近は、この本のように、エイゼルメイクの大切さをナース達が考えるようになり、家族にエンゼルメイクに参加してもらい、この「看取り」の営みを大切にするようになってきているそうです。

 日本人は生きているときの同様に、遺体を気遣う。

例え、医師から臨終ですと告げられても、頭では判っていても、「寒くないか、苦しくないかと」気遣う。

 本の中で、いろいろな事例が紹介されています。家族にしか分からない、亡くなった人への思い、気遣いは本当にいろいろだということですね。父の看取りに父の手を洗ってあげられて本当に良かったと喜ぶ娘の話、入れ歯を入れてあげたらお父さんの面影が戻ったと喜ぶ家族の話、おばあちゃんの腫瘍のアザを綺麗にメイクしてあげたら、涙して喜んだおじいちゃんの話、母の鼻に入っている栄養チューブは抜かないでほしいと希望する娘の話、義母を苦しめていた床ずれを最後に見せてほしいと言うお嫁さんの気持ち、開いた口はそのままにしておいて、そのほうが主人が楽だからと希望する奥さんの気持ち・・・・遺族の気持ちは本当にいろいろなんだね!

|

« 「ひざ痛」は怖くない! いつまでも走るための最新ケア術 | トップページ | ランニングしても寒い! »

介護」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

読書感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34418/33238047

この記事へのトラックバック一覧です: エンゼルメイク!って知ってますか?:

« 「ひざ痛」は怖くない! いつまでも走るための最新ケア術 | トップページ | ランニングしても寒い! »