« 120分のクロスカントリー! | トップページ | さくらマラソンにエントリー! »

2012年1月16日 (月)

週のはじめに考える、官僚とは!

 前々回の記事で、古賀茂明さんの「官僚の責任」という本の内容について

 取り上げました。なかなか面白い本だったけど、古賀さんのこの本は

 昨年ベストセラーに入っているから、古賀さんは現在官僚を退職して

 フリーだけど、随分収入あるんだろうねcoldsweats01

0000013412img200912

 一般的にマスコミで言う”官僚”とは、霞ヶ関の中央省庁で働く人達で、

 国家公務員一種試験に合格して採用された国家公務員です。

 国家公務員には、自衛隊や警察も含まれるが官僚とは言わない。

 国家公務員の倫理規定の第一条には

職員は、国民全体の奉仕者であり、国民の一部に対してのみの奉仕者ではないことを自覚し、職務上知り得た情報について国民の一部に対してのみ有利な取扱いをする等国民に対し不当な差別的取扱いをしてはならず、常に公正な職務の執行に当たらなければならないこと。    

   があります。

   自衛隊員や警察という号令一家では、この倫理感が浸透していますが、

   官僚の一部は、倫理感の無いことが問題になりますよねcoldsweats01

   

  この優秀?な官僚について、マスコミでも悪評の評価が多いが、官僚に

 仕事をさせているのは、国会議員で特に政権与党の民主党なわけです。

 官僚の評判が悪いというのは、つまり政権与党がだらしないということ。

 古賀さんの本の中で、官僚が墜落する一番の原因は、充実過ぎる身分保障

 にあると言っています。下がらない給料システム、有利な再就職システムと

 共済年金であると・・・・

 でもカズは、国の最高峰の学府で学んで、国家の為に真剣に働く官僚が

 高く・安定した収入保証があっても良いと思いますよ!happy01

  それよりも、その働く内容が問題な訳で、国の大切な予算を真に

 国民の為に使う仕事をしてもらえば良いわけです。その良い仕事をした

 官僚は大いに評価してあげれば良いんだよ!

  たぶん現在でも、官僚の中には地味でも将来的に価値ある仕事をしている

 人達が沢山いると思う、その人達が注目されて評価されるようにするのが

 政治家だと思うだけど・・・・・    とカズの勝手気ままな評論でした。

  

  

|

« 120分のクロスカントリー! | トップページ | さくらマラソンにエントリー! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34418/43761582

この記事へのトラックバック一覧です: 週のはじめに考える、官僚とは!:

« 120分のクロスカントリー! | トップページ | さくらマラソンにエントリー! »