« ステップ! | トップページ | 120分のクロスカントリー! »

2012年1月13日 (金)

氷山の一角!

 今日の新聞に・・・・・

経済産業省元審議官による半導体大手「エルピーダメモリ」株のインサイダー取引事件で、東京地検特捜部は12日、金融商品取引法違反容疑で、元審議官(現官房付)の木村雅昭容疑者(53)=東京都世田谷区=を逮捕した。特捜部の調べに、株売買の事実は認めた上で「インサイダー取引には当たらない」などと容疑を否認しているもようだ。

 エル社はリーマン・ショックによる金融危機の影響などで業績が悪化。木村容疑者は経産省商務情報政策局担当の審議官として、エル社の再建計画に関与していた。

 逮捕容疑は、エル社が改正産業活力再生特別措置法適用を申請して第三者割当増資をするとの情報を職務を通じて入手し、公表前の平成21年5月15、18日、エル社株計3000株を計約305万円で購入。また、NECの子会社の半導体大手「NECエレクトロニクス」(現ルネサスエレクトロニクス)が別の半導体メーカーと合併するとの内部情報をもとに、公表前の同年4月21~27日、NECエレ社株計5000株を計約489万円で買い付けたとしている。

 買い付けはすべて妻名義の口座で行われていた。関係者によると、木村容疑者は、いずれの株も正式発表後に売却し、計約200万円の利益を得たとされる。

 木村容疑者は東大卒のキャリア官僚。19年7月から21年7月まで経産省審議官を務め、その後、資源エネルギー庁資源・燃料部長や同庁次長に就いた。



120_4

東大卒のキャリア官僚によるインサイダー取引weep それもエネルギー庁次長まで

登った超エリートなのに200万円の利益のために逮捕されるとは情けないね!

こういったケースは内部告発だろうね!

 霞ヶ関は妬みと嫉妬の渦巻く館ようだからねcoldsweats02

 氷山の一角だと庶民には見えてしまう、既得権益集団。

先日読んだ元経産省の古賀さんの本のように公務員制度改革が急務だね!

   この本を読んで、日本の官僚は本当に「腐っている」と感じたpout

0000013412img200912

      

  「霞ヶ関は人材の墓場」とまで言っている、この古賀さんの本には

面白いことがいろいろ書いてありました。古賀さんは当時の通産省に入省

して以来、「大学はどこですか?」と聞かれたことが一度も無いと?

それもそのはず、キャリア官僚なら東大は当たり前で、古賀さんの同期の

通産省25人中21人が東大だって。

 

 つまりキャリア官僚は、東大卒に限定された温室の特権組織で、

課長クラスまで20年は年功序列で横並びで給料が安定するが、そこから

審議官クラスから出世トーナメントが始まり、局長クラスは同期の中でも

10名程度、官僚の最高峰の事務次官は同期で1人と狭き門だそうです。

 だから課長以上のトーナメントの敗者には、天下りポストが用意されて

いるのが官僚の世界だそうです。 それが当たり前の世界happy01

 よくマスコミで取り上げている独立行政法人や公益法人がそれ。

古賀さんも言ってましたが、キャリア官僚の東大卒を制限することも大切だね。

今まで負けなしで進んできたエリート達の最後に考えることは保身なのですよ。

 

   

|

« ステップ! | トップページ | 120分のクロスカントリー! »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34418/43726561

この記事へのトラックバック一覧です: 氷山の一角!:

« ステップ! | トップページ | 120分のクロスカントリー! »