« Qちゃんパワーだな~! | トップページ | 才能とは続けられること! »

2012年5月23日 (水)

熱中症には注意しましょう!

 ランナーの皆さん! 

 これから暑くなりますので、お互いに熱中症にはくれぐれも注意しましょう。coldsweats01

 先日参加した、ぎふ清流ハーフマラソン大会でも、熱中症で倒れこむランナーが

 多数いました。天気はsunで気温がぐんぐんと上昇しましたからね。

 

 実は、ラスト2km地点で写真を撮影しようと道横に外れて、カメラをランナーに

 合わせて撮影しようとしたら、目の前の男性ランナーが立ち止まって、フラフラと

 尻餅をついて倒れこんだのです。

  あれ~!どうしたの? 

 さすがに、見過ごすわけにはいかないと、駆け寄って「どうしました?」と声かけ

 したら、「棄権します!」と言ったきり意識がもうろうと、眼球上転し、痙攣していた

 ので、これはまずいとweep手を上げて「救護班呼んで下さい!」を大声を・・・・

  

  半年前に救急救命講習を受けたばかりのカズですが、現実が目の前にあると

 何をしたら良いのか?慌てるばかりでした。 机上の空論は駄目だね!

  

  そしたら直ぐに一人の女性ランナーが駆け寄ってくれて、「看護師です!」

  直ぐにバイタルチェック(呼吸・脈・意識・体温)をしてくれて、熱中症です!

  脚上に上げて安静位に・・・・・さすがプロ!  その後数人のランナーが

  応援に寄って来てくれました。

   その看護師の指示で、カズは男性ランナーの手を握りながら声かけ、

  熱性痙攣による血圧低下と意識の混濁、手先・足先が冷たくなるのです。

  看護師が近くにいた観客に、携帯で救急車呼んで下さい!hospital

  カズの手を握った男性の手は硬直し、冷たいので、思わず摩って上げました。

  5~6分経過し、水飲めますか?と聞いたら反応したので、観客の男性に

  水分持ってますか?・・・・ミネラルウォーターを戴いて、少し飲ませました。

  

  倒れた場所が、河川敷きの土手道コースの真ん中で、日陰の場所もなく

  炎天下で、皆でとにかくタオルや帽子で風を送って冷やすだけです。

  その両脇をランナーがどんどんと通過して行きます。angry

  救護班のスタッフが何人か来ましたが、男性ランナーに質問するだけで

  失礼だけど、全く使えないのです。

  

  15分以上経過しても、救急車が来ませんでしたが、皆さんの応急手当の

  お陰でだんだんと男性ランナーの意識がしっかりとしてきて、痙攣や硬直も

  治まって来ました。 あちこちで熱中症で倒れていたので、救急車の数が

  足りなかったようです。

   でも、ラスト2km地点と皆疲れているのに、救護を支えてくらたランナー達に

  強烈なフレンドリーシップを感じました。happy01

  

  そんなハプニングに遭遇したので、ゴールタイムは2時間23分と

  過去最低タイムでした。 熱中症は怖いな~と改めて実感した大会でした。

  ランナーの皆さん! 無理したランはいけませんよ、夏のランは呼吸が

  おかしくなったら、とり合えず休んで水分とって様子見ましょうね。

  12

  

  

 

|

« Qちゃんパワーだな~! | トップページ | 才能とは続けられること! »

マラソン大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34418/45372016

この記事へのトラックバック一覧です: 熱中症には注意しましょう!:

« Qちゃんパワーだな~! | トップページ | 才能とは続けられること! »