« 刺激されました! | トップページ | この惨めさが良いのか? »

2012年6月20日 (水)

PDと痛み!

 パーキンソン病って何? 老化? 病気なの?

  日々、我が家の親父を悩ましているらしいパーキンソン病(PD)。

  文献によりますと、1817年にイギリスのジェームズ・パーキンソンより初めて

  報告され、「手の振るえ」が最初の症状だったようです。

  確かに、以前は「手の振るえ」が酷かった親父ですが、良い薬のお陰か

  今はそれは治まっています。

  その代わりに、日々足の痛みが出現して、悩ましい足の痛みに苦悩が耐えないと

  言う親父です。

  この「痛み!」という主観的な症状は、本人にしか分かりません!coldsweats01

  だから医者が一番困る症状も、この「痛み!」のようですね!

  パーキンソン病が原因の「足の痛み」は、無いということが言われているようで

  すが、 では親父の悩ましい痛みはどこからくるのか?

  親父曰く、「薬(L-ドーパ製剤)を飲むと痛みが治まる)」と言っているので

  パーキンソン病と無関係とは言い切れないよね。

   医者も医学的確証がないので、患者の痛みに対して関係付けられないのか

  もしれないけど、でも「痛い!」のは消えないのも事実のです。

  カズは不思議に思うのですが、「手の振るえ」が出ていた頃は、そんな足の痛み

  はありませんでした、薬を増やしてから手の振るえが消えて、良かった良かった

  と思ってたら、足の痛みが出現したのです。 不思議だね!

 先日、ネットで「パーキンソン病と痛み」と検索したら、次の論文にヒットしました。

 この論文を少し読んだら、親父の言っている”痛み”に悩んでいるパーキンソン

 病患者が実に多いことに、びっくりしました。 

 親父の訴える痛み症状は、PD患者の痛みと同じなんだ。coldsweats01

  では、どう対処したら良いのか??????? マッサージ等で誤魔化すしか

 ないの?それとも我慢するしかないの?

 

パーキンソン病(PD)における「痛み」についてのアンケート調査(第1報)

岡田 芳子(パーキンソン病患者・皮膚科医・APPLE協同管理人)
茨木 和子(山梨県患者・ピアサポーター)
橋爪 鈴男(患者・くわのみクリニック皮膚科・HOPE代表世話人)
久野 貞子(京都四条病院パーキンソン病神経難病センター)

<結論>

PD患者502名のアンケート調査により患者の77.5%に「痛み」を伴うことがわかった。「痛み」は患者のQOLの低下につながるため、「痛み」に対しての医療者側の理解が深まることが重要と思われる。
今後2次調査を行って、「痛み」の質についてさらに検討を行い、患者の「痛み」の克服に更なる貢献ができることを期待している。

         120

     

  

|

« 刺激されました! | トップページ | この惨めさが良いのか? »

医学・科学」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34418/45729182

この記事へのトラックバック一覧です: PDと痛み!:

« 刺激されました! | トップページ | この惨めさが良いのか? »