2017年2月26日 (日)

孫の誕生日!

2月25日、初孫”新大”の誕生日happy01

あれから1年が経ちました、早いね、大きくなったね!

注文したモンターニュのケーキで、満1歳の誕生会。

Img_0034_2

Img_0039

Img_0045

 新大! 歩く、歩く、・・・・・・いつのまにかしっかりと

 歩く孫にびっくり。heart04

  アピタのボリ容器が気に入ったようで、ポリ容器持って

  右へ左へ・・・・・ 最高に面白い!笑える!sweat01

Img_0047

Img_0049


  歩き始めの今が、一番見ていて楽しいね!

  お掃除が好きなのかね? 

Img_0051





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

突然の来客!

昨日、妻の職場の友人?

カンボジアからの研修生5名が突然、夕食を食べに

くるから、後1時間くらいで来るから、鍋を食べに!

妻の突然のコメントに驚く! 仕方なく、今日用意していた

鍋の食材(大根・人参・シメジ・長ネギ・鶏肉・豆腐)を準備する。

妻は、追加の食材を買いにスーパーに。

  さすがに若いだけあって、4合焚きのご飯を5人でペロリ。

  鍋も30分位でペロリ、うどんが出来るまでデザートショコラも

  ペロリ、カンボジアでは、うどん食べることはないようでしたが

  4人前のうどんもペロリ、・・・・・・scissorsfull 驚くべき食欲。

Img_0025

Img_0027



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

初盆が終わりました。

 昨日、初盆飾りを片付けまして、父眞一の初盆が終わりました。

親父は無事に浄土へ帰ったのでしょうか?

いやはや、疲れましたcoldsweats01

 ここ浜松浜北の初盆は葬儀以上に大変でした。

Img_0002

 昨日片付け終えた後、母を連れて宮口のお寺にご挨拶に

 父の親戚といえ、保福寺佐々木和尚さま夫妻には、親切に

 いろいろと教えてもらいまして、無事に初盆を終了できました。

Img_0004

  初盆の期間中は、初孫の新大が毎日、愛そうを振りまいてきれたので

  親父を悼む気持ちと孫から頂いた笑顔に元気を貰いました。

  仏教では諸行無常と言う事を言いますが、

  正に、父の初盆と孫の成長、時はどんどんと移り過ぎて行く。

Photo
2



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

娘と東京ゲートブリッジ!

謹賀新年! 

    輝かしい一年になりますように、心よりお祈り申し上げます。

    

  お正月は1日から恒例の奥さんの実家にお世話になりました。

  94歳を過ぎた義母も、足腰は年々弱ってもう、一人では歩けませんが

  今年のお正月も元気そうでした。いつも明るい義母に元気もらいますね。happy01

    奥さん曰く、何時老衰で亡くなっても、おかしくないと娘の感というのかな?  

 

  2日の朝は、奥さんの実家を6時半に出発して、ゆっくりジョギングしながら

  大手町の箱根駅伝のスタート地点まで、朝陽が眩しい晴海通りを気持ち

  よくジョギング60分。

   毎年、復路のゴールを見に行ってましたら、今年はスタートを見物に。

  朝早いので、それほど見物客はいないだろうと思ってましたが、

  とんでもない大混雑の大手町でした。 箱根駅伝の人気は凄いですね!

   スタートから東洋大の選手が輝いて見えたので、今年は東洋かな?

  とスタートを見て予想したことが的中でした。 東洋大強し!

  Photo

    

  2泊3日での、奥さんの東京里帰りに娘が同行したのです。

  箱根駅伝のスタートを見た日に、娘のリクエストで新大久保の韓国料理

  を食べに行きました。カズの知っている新大久保とは別の街に変貌していて

  まさに韓国の街並でした。 こんなに変貌するものなのかね!驚きました。coldsweats01

  

  下の画像は、浜松に帰る日に、義母の家から車で10分で東京の新名所

  東京ゲートブリッジに寄って行きました。昨年完成した橋です。

  折角なので娘とツーショットで撮影してもらいました。

   いつもツーショットを嫌がる娘ですが、今回は何故か喜んで応じてくれたhappy01

  実は、今月末には鈴木性から松本性に変わってしまうのです。weep

Img_4712

  1年前に知り合った彼と入籍をすることになってしまったのです。

  昨年、それを聞かされた時は、それは良かった!良かった!と喜んで

  いましたが、日増しに段々と寂しさが増してくるのが不思議です。weep

   もう1年くらい娘でいて欲しいと、日増しに優し接してくれる娘を見ながらweep

  嫁に取られる父の不思議な心境の変化を日々感じならが!

  残り少ない日を大切にしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

寿美花代の献身愛!

久しぶりにブログを更新しました。

 昨日フジテレビ番組、

『カスペ!・独占密着!真実の「忠夫さん、死ぬまで一緒やで」

~寿美花代・献身愛で闘う夫の病~』を見ました。

 高島忠夫さんが、15年の闘病生活、うつ病・糖尿病・パーキンソン病と苦闘し、

 妻の寿美さんが、全力で支える内容でした。

 我が家の親父と同じ、うつ病からパーキンソンを発症と、見ていて高島忠夫さんの

 様子が親父を見ているようで不思議な感じでした。

   でも、よく自宅にカメラを入れましたね。

 親父も同じだけど、うつ病からパーキンソンを発症すると、身体の動きや

 顔の表情や感情が乏しくなり、他人様には公表したくない、プライバシー!

   でも、妻の寿美さん、全てを忠夫さんの介護に注いでいる様子で

 頭が下がりました、とても共感し、何か強く感じるものがありました。

 しかし、寿美さん!とても81歳には見えません、さすが元宝塚トップスターだ。

  親父が見たかった言っていますので、フジテレビの関係者へ!

  是非、再放送を希望します。 今度は録画しますので、宜しくお願いします。

  1113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

病は気から!

 ここのところ体調が良いのか? 

 我が家の82歳の親父は、「脚が痛い!」と、あまり言わなくなった。

 パーキンソン病は、薬が切れると体に異変が出るようで、つい最近まで

 薬が切れた頃に、「脚が痛い、脚がジンジンする、脚がビリビリする」と悲鳴を

 上げていたが、それがここのところ静かである。

  パーキンソン病は、「良いときもあるし、悪いときもある」とよく言われるが

 本当にその通りであると思う。

 神経質な親父は、悪いときに強く悲観するのです。誰でも体調が悪いときに

 心配になるのは当たり前であるが、でも悪いときばかりではないのです。

51ur0kfxql__bo2204203200_pisitbstic

親父が退院して1ヶ月以上が経過しました、退院後にカズが少しパーキンソン病に

ついて勉強してたら、この本に出会いました。著者は、パーキンソン病の名医

久野貞子先生が書いた、患者さん向けの本です。

 もう10年位前に発刊された本ですが、内容はとても分かりやすくて、

本のタイトルになっているように、パーキンソン病はこわくない、上手く付き合って

ゆけば充分に天寿を全うできる。良いときもあるし、悪いときもあるけど、現在は

良い薬が出ているので専門医の薬物療法に委ねれば安心して日々の生活が

楽しめる。というサマリーでした。

 このサマリーを便箋に書いて、本と一緒に親父に見せたのは、ちょうど1ヶ月前。

 その後に、脚の症状もパーキンソン病からくる「むずむず脚症候群」だということ

 も、久野先生の本からヒントを得て、判明して親父も納得したようでした。

  納得したというよりも、安心した!そんなに心配する必要はない、

 「良いときもあれば、悪いときもある」気長に付き合ってゆくしかないと、諦めた

 というか、自分の現状を受け入れたということでしょうか?

 12811  

 親父の身体は、パーキンソン病と老化と相俟って、様々な症状がでます。

 その症状に悲観し、心配し、不安になり、心(脳)が疲れてしまって、益々

 症状が進行する悪循環なのです。

 

  「病は気から」という、ことわざがありますが、本当にその通りですね。

 久野先生の本で、気持ちが楽になって、病をやっと受け入れた親父です。

 だから、久野先生のこの本に感謝ですね!

  でも、親父の場合は初期症状の”手の振るえ”は過ぎて、今は次の段階に

  進行しているようで、まだまだ続くパーキンソン病の階段は長いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

PDと痛み!

 パーキンソン病って何? 老化? 病気なの?

  日々、我が家の親父を悩ましているらしいパーキンソン病(PD)。

  文献によりますと、1817年にイギリスのジェームズ・パーキンソンより初めて

  報告され、「手の振るえ」が最初の症状だったようです。

  確かに、以前は「手の振るえ」が酷かった親父ですが、良い薬のお陰か

  今はそれは治まっています。

  その代わりに、日々足の痛みが出現して、悩ましい足の痛みに苦悩が耐えないと

  言う親父です。

  この「痛み!」という主観的な症状は、本人にしか分かりません!coldsweats01

  だから医者が一番困る症状も、この「痛み!」のようですね!

  パーキンソン病が原因の「足の痛み」は、無いということが言われているようで

  すが、 では親父の悩ましい痛みはどこからくるのか?

  親父曰く、「薬(L-ドーパ製剤)を飲むと痛みが治まる)」と言っているので

  パーキンソン病と無関係とは言い切れないよね。

   医者も医学的確証がないので、患者の痛みに対して関係付けられないのか

  もしれないけど、でも「痛い!」のは消えないのも事実のです。

  カズは不思議に思うのですが、「手の振るえ」が出ていた頃は、そんな足の痛み

  はありませんでした、薬を増やしてから手の振るえが消えて、良かった良かった

  と思ってたら、足の痛みが出現したのです。 不思議だね!

 先日、ネットで「パーキンソン病と痛み」と検索したら、次の論文にヒットしました。

 この論文を少し読んだら、親父の言っている”痛み”に悩んでいるパーキンソン

 病患者が実に多いことに、びっくりしました。 

 親父の訴える痛み症状は、PD患者の痛みと同じなんだ。coldsweats01

  では、どう対処したら良いのか??????? マッサージ等で誤魔化すしか

 ないの?それとも我慢するしかないの?

 

パーキンソン病(PD)における「痛み」についてのアンケート調査(第1報)

岡田 芳子(パーキンソン病患者・皮膚科医・APPLE協同管理人)
茨木 和子(山梨県患者・ピアサポーター)
橋爪 鈴男(患者・くわのみクリニック皮膚科・HOPE代表世話人)
久野 貞子(京都四条病院パーキンソン病神経難病センター)

<結論>

PD患者502名のアンケート調査により患者の77.5%に「痛み」を伴うことがわかった。「痛み」は患者のQOLの低下につながるため、「痛み」に対しての医療者側の理解が深まることが重要と思われる。
今後2次調査を行って、「痛み」の質についてさらに検討を行い、患者の「痛み」の克服に更なる貢献ができることを期待している。

         120

     

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月30日 (月)

20年ぶりに行った動物園!

 昨日の日曜日は、妻と子供達と動物園に行きました。happy01

 20年前に当時、5歳と4歳の息子と娘を連れてよく行った日本平動物園に。

 突然行ってみたくなったのは、カズだけですcoldsweats01

 妻も24歳の息子も23歳の娘も、何で動物園と言いながら嫌々でしたが付き合って

 くれました。 入場するまで、仕方ないな~と嫌々の表情が段々とhappy01に・・・・・・

 動物を見るとeye、子供も大人も関係なく、素直に見つめるのです。

     下の画像は、ガラス越しの「ピューマ」です、ネコ科の代表で本当に

     ネコですねhappy01  名前は「エリザベス」だそうです。

     最近の動物園は見せる為の動物園に変身してまして、ガラス越しに

     近距離で見られます。 エリザベスもこちらをじっと見てました。

 Img_4325

 

     ライオンもガラス越しに、行った時は寝てましたが、暫く見てたら

     むくっと起きてくれました。happy01

Img_4318

     下のホッキョクグマとアザラシのコーナーは日本平動物園人気

     スポットで子供達で一杯でした。水に飛び込むホッキョクグマが

     本当にガラス越しで見れるのです。happy01

     

Img_4310

         

     動物園まで来て、妻のお尻を見たくないと思ったら、サイでしたcoldsweats01

     我が妻のお尻より可愛いよ!

Img_4330

   下の爬虫類もガラス越しに近くで見れますよ。 緑が素敵なカメレオン!

  Img_4331

   野鳥の園内は別に開放されていました。 素敵なフラミンゴ!

Img_4327

   象さんとキリンさんのコーナーは20年前と同じでした。

   昔のままの懐かしさと、新しく見せる動物園の日本平動物園に拍手!

Img_4316

   

Img_4313

         

     20年前ダチョウを見て、泣き出して逃げ出した娘は、今回も下のダチョウ見て

  「怖い!」と後ずさりです。happy01    カズにとってはとても楽しい1日でした。happy01

    Img_4329

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

鰹の刺身!

 「目に青葉山ほととぎす初鰹」

   という句がありますが、この時期の春鰹は美味しいですね!happy01

   今日は、親戚の叔母の太田夫婦が来ると言うことで、

   朝、御前崎の市場の鰹を買いに行きまして、美味しそうな1本を

   三枚におろしてもらい、帰宅してカズが刺身に盛り合わせ。

   お昼の一時を春鰹の刺身でおもてなし。

   Photo

   太田の叔母も今年「喜寿」だそうです。

   お袋の妹だから、もうそんな年になるんですね。

   太田の叔父も来年喜寿だそうですが、元気でなにより。

   鰹好きな我が家の両親と一緒に春鰹を堪能してもらいました。

   

Sirakasi

 御前崎の市場で、新鮮な鰹! 三枚におろしてから自宅で刺身に

 盛り付けるまで2時間経過してますが、スーパーの刺身よりも格段に

 新鮮で「もちもち」の歯ごたえに、太田夫婦も両親も大喜びhappy01

 酒好きな太田の叔父は、お酒がすすんで今日は1升ビンが空に。

  高齢者にとって、新鮮な鰹の刺身は栄養的にも最高食材。

 良質なたんぱく質とビタミンB1が一杯。

 骨の弱い高齢者にとって大切なビタミンDが裕福で、血液サラサラの

 EPAも一杯です。太田叔母のように貧血気味の方には最適な鉄分

 もふんだんに。 切り立ての血合い一杯の刺身には「タウリン」が

 一杯入ってまして、動脈硬化に予防には最適!

 正に新鮮な春鰹の刺身は栄養の王様!

 お年寄りの栄養の味方なのですよ。 

  今日は、御前崎市場に運よく沢山仕入れされていた「生シラス」も

  買って来まして、春鰹に静岡特産のカルシウム一杯

  「生シラス」で太田叔父は大満足!

   

    Photo_2

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

百歳の詩人!

  shine~やさしさ~

    としをとると やさしさが ほしくなるの

    それが栄養になって 元気になる

    でもね 偽りのやさしさを食べた時は

    吐いてしまった

    真実のやさしさ 手料理を

    いただかせて ください

   shine~倅に Ⅲ~

    時々腹をたて私を怒鳴ったり するけど

    涙をこぼしている あなたを見ていると

    若い頃 一生懸命あなたを叱った

    私を思い出して 笑ってしまう

    健一 気楽に行きましょう

    血圧があがったらどうするの

     

   上の詩は、柴田トヨさんという今年101歳の方の詩集「百歳」の中から

   抜粋したものです。

    読者の皆さん、柴田トヨさんてご存知?

   90歳から息子に勧められて詩を書き始めて、一昨年に詩集「くじけない」

   を上梓し大反響、150万部以上のベストセラーに、

   昨年上梓した2冊目の詩集「百歳」が今日の記事。

31qphbnz7l__bo2204203200_pisitbstic  

   実は、この本図書館から借りてきて、まずお袋に見せたのです。

   さらっと読めば、20~30分で読めてしまう本ですが、

   何故かお袋が5日間夜、真剣に読んでいたそうな! 親父の証言coldsweats01

   お袋が読んだ後、カズが昨日30分で読んだのですが!

   99歳の時に書いた詩が冒頭の詩ですが、

   人間て、99歳になっても、こんな素晴らしい感性を持っているんだね!

   柴田トヨさんのこの詩集の中で、ヘルパーや看護師にお世話ならないと

   自分ではお風呂にも入れない身体だけど、自分の言葉が紡げると

   表現していました。この「百歳」の詩集の中には、息子「健一」への

   感謝への思いが一杯つづられています。

    いくつになっても子供を気遣う母のやさしい思いを涙して読みました。

   柴田トヨさん! 久しぶりに温かな涙が流せました!感謝happy01 

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧