2012年7月20日 (金)

病は気から!

 ここのところ体調が良いのか? 

 我が家の82歳の親父は、「脚が痛い!」と、あまり言わなくなった。

 パーキンソン病は、薬が切れると体に異変が出るようで、つい最近まで

 薬が切れた頃に、「脚が痛い、脚がジンジンする、脚がビリビリする」と悲鳴を

 上げていたが、それがここのところ静かである。

  パーキンソン病は、「良いときもあるし、悪いときもある」とよく言われるが

 本当にその通りであると思う。

 神経質な親父は、悪いときに強く悲観するのです。誰でも体調が悪いときに

 心配になるのは当たり前であるが、でも悪いときばかりではないのです。

51ur0kfxql__bo2204203200_pisitbstic

親父が退院して1ヶ月以上が経過しました、退院後にカズが少しパーキンソン病に

ついて勉強してたら、この本に出会いました。著者は、パーキンソン病の名医

久野貞子先生が書いた、患者さん向けの本です。

 もう10年位前に発刊された本ですが、内容はとても分かりやすくて、

本のタイトルになっているように、パーキンソン病はこわくない、上手く付き合って

ゆけば充分に天寿を全うできる。良いときもあるし、悪いときもあるけど、現在は

良い薬が出ているので専門医の薬物療法に委ねれば安心して日々の生活が

楽しめる。というサマリーでした。

 このサマリーを便箋に書いて、本と一緒に親父に見せたのは、ちょうど1ヶ月前。

 その後に、脚の症状もパーキンソン病からくる「むずむず脚症候群」だということ

 も、久野先生の本からヒントを得て、判明して親父も納得したようでした。

  納得したというよりも、安心した!そんなに心配する必要はない、

 「良いときもあれば、悪いときもある」気長に付き合ってゆくしかないと、諦めた

 というか、自分の現状を受け入れたということでしょうか?

 12811  

 親父の身体は、パーキンソン病と老化と相俟って、様々な症状がでます。

 その症状に悲観し、心配し、不安になり、心(脳)が疲れてしまって、益々

 症状が進行する悪循環なのです。

 

  「病は気から」という、ことわざがありますが、本当にその通りですね。

 久野先生の本で、気持ちが楽になって、病をやっと受け入れた親父です。

 だから、久野先生のこの本に感謝ですね!

  でも、親父の場合は初期症状の”手の振るえ”は過ぎて、今は次の段階に

  進行しているようで、まだまだ続くパーキンソン病の階段は長いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

PDと痛み!

 パーキンソン病って何? 老化? 病気なの?

  日々、我が家の親父を悩ましているらしいパーキンソン病(PD)。

  文献によりますと、1817年にイギリスのジェームズ・パーキンソンより初めて

  報告され、「手の振るえ」が最初の症状だったようです。

  確かに、以前は「手の振るえ」が酷かった親父ですが、良い薬のお陰か

  今はそれは治まっています。

  その代わりに、日々足の痛みが出現して、悩ましい足の痛みに苦悩が耐えないと

  言う親父です。

  この「痛み!」という主観的な症状は、本人にしか分かりません!coldsweats01

  だから医者が一番困る症状も、この「痛み!」のようですね!

  パーキンソン病が原因の「足の痛み」は、無いということが言われているようで

  すが、 では親父の悩ましい痛みはどこからくるのか?

  親父曰く、「薬(L-ドーパ製剤)を飲むと痛みが治まる)」と言っているので

  パーキンソン病と無関係とは言い切れないよね。

   医者も医学的確証がないので、患者の痛みに対して関係付けられないのか

  もしれないけど、でも「痛い!」のは消えないのも事実のです。

  カズは不思議に思うのですが、「手の振るえ」が出ていた頃は、そんな足の痛み

  はありませんでした、薬を増やしてから手の振るえが消えて、良かった良かった

  と思ってたら、足の痛みが出現したのです。 不思議だね!

 先日、ネットで「パーキンソン病と痛み」と検索したら、次の論文にヒットしました。

 この論文を少し読んだら、親父の言っている”痛み”に悩んでいるパーキンソン

 病患者が実に多いことに、びっくりしました。 

 親父の訴える痛み症状は、PD患者の痛みと同じなんだ。coldsweats01

  では、どう対処したら良いのか??????? マッサージ等で誤魔化すしか

 ないの?それとも我慢するしかないの?

 

パーキンソン病(PD)における「痛み」についてのアンケート調査(第1報)

岡田 芳子(パーキンソン病患者・皮膚科医・APPLE協同管理人)
茨木 和子(山梨県患者・ピアサポーター)
橋爪 鈴男(患者・くわのみクリニック皮膚科・HOPE代表世話人)
久野 貞子(京都四条病院パーキンソン病神経難病センター)

<結論>

PD患者502名のアンケート調査により患者の77.5%に「痛み」を伴うことがわかった。「痛み」は患者のQOLの低下につながるため、「痛み」に対しての医療者側の理解が深まることが重要と思われる。
今後2次調査を行って、「痛み」の質についてさらに検討を行い、患者の「痛み」の克服に更なる貢献ができることを期待している。

         120

     

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

ホルモンて?

今日の毎日新聞記事に、「オキシトシン」が自閉症の治療に期待と!

 以前カズのこのブログで記事にしました、「癒しのホルモン」「絆のホルモン」

 下の画像を見て、「可愛い~!」「抱いて撫ぜたい!」と感じる時に分泌する

 ホルモンです。

 

 120_4868

金沢大の研究グループが26日、自閉症の症状改善に効果があるとされる脳内ホルモン「オキシトシン」が、自閉症の人に多い考え方や感じ方をする人に対し、効果があることを脳内の反応で確認したと発表した。同大附属病院の廣澤徹助教(脳情報病態学)は、「自閉症の人のうち、どんな性格の人に効果があるかが分かった。自閉症に起因する精神疾患などの治療にも役立てたい」と話している。
 オキシトシンは出産時に大量に分泌され、子宮収縮などに作用し、陣痛促進剤などに使われる。近年、他者を認識したり、愛着を感じるなどの心の働きに関連するとの研究報告も出ている。
 研究グループは、20~46歳のいずれも男性の被験者20人に「喜び」「怒り」「無表情」「あいまいな表情」の4種の表情をした37人の顔写真を提示。全員にオキシトシンを鼻の中へ吹きかけ、投与の前後で写真の人物の表情を見た時の脳の反応を、脳神経の活動を示す、脳内の磁場の変動を計る脳磁計で調べた。
 オキシトシンの投与前には、怒っている人の顔を見た時、脳内に被験者全員が敵意を感じたことを示す反応がみられた。投与後は、敵意を感じた人と、あまり感じなくなった人とに分かれた。敵意を感じなくなった人たちは、心理学のテストで「理屈っぽく、物事をあいまいにせず、突き詰めて考えないと気が済まない傾向がある」とされた人たちだった。自閉症の人にはこのような傾向が強いという。
 研究成果は、同日に英科学誌サイエンティフィック・リポーツ電子版で公開された。廣澤助教は、「オキシトシンの働きを生かし、新薬や治療法の開発などに役立てたい」と話している。【横田美晴】

4月27日朝刊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水)

ロコモ体操!

 「ハクション!」「眼が痒い!」・・・毎年恒例の妻のボヤキが始まりました!coldsweats02

 今週から本格的に花粉が飛び始めているよですね!

 花粉症なのは、我が家では妻一人です、カズも両親も子供達もありません。

 ニュースでは、今年の花粉量は少ないとかcoldsweats01

 

 でも花粉症は本当に辛そうです!weep 

 毎年この時期の妻を見ていて、花粉症にはなりたくないな~~と。

  梅の開花が遅れていましたが、やっと咲き始めました。

 405641857_329df733cd

  

   さて、読者の皆さん! ロコモ体操ってご存知ですか?

   最近、巷の老人施設や整形外科病院で流行っている寝たきり予防体操。

   このロコモ体操、とても簡単で”我が家の親父”に言ったらやり始めました。

   「寝たきりにはなりたくない!」と普段から言っている親父ですが、

   今までもいろいろと予防体操というものはありましたが、身体を動かすことが

   苦手な親父には、どれも三日坊主でしたが、このロコモ体操はなんとなく続き

   そうな気配です!coldsweats01

    Check15   

    片足立ちで1分間の体操で、両足で2分 朝昼晩の3回で1日6分間。

    なんたって、何処でも出来ますhappy01

     これで、50分間の歩行と同等の効果があるということのようです。

    

    この体操、東大整形外科の偉い先生が考案し、厚労省も推奨している

    体操のようです。

    権威に弱い親父の世代にとって、”東大と厚労省”という殺し文句。

    それよりも、やはり簡単で継続できそうですよね!この体操happy01

    実は、カズもこのロコモ体操の「片足立ち」を以前からマラソンの筋トレとして

    時々やっていたのです。カズの場合は片足立ちでゆっくり屈伸したり、

    片方の足を90度持ち上げたりしてますがcoldsweats01

     以前親父にも「片足立ち」を何度か奨めたことがありましたが、その頃は

    まだ「ロコモ体操」などという名前はなく、息子が言ったくらいで簡単に

    やるような親父ではありませんpout

    でも先日中日新聞にも載っていた、浜松健康フォーラム市民講座の内容

    でも、浜松医大整形外科教授と聖隷浜松病院整形外科部長の講演要旨

    寝たきりにならない為にロコモティブシンドローム(運動器症候群)予防が

    大切であると言う、内容を親父がしっかりと見ていたのです。happy01

   

          「NHK今日の健康」でも、このロコモ体操が本になっているようですね。

     Photo      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

魔女の一撃! その2

 過日このブログの話題にしました、魔女の一撃!(ぎっくり腰)

  Im

  カズも経験上、急性腰痛時に

 コルセットをすると、とても楽ですよね!

 コルセットをすると楽なのは、傷んだ

 背筋をサポートしているからです。

 コルセットは躊躇わずに使った方が

 良いようですよ!

 カズがたまに聞いているNHKラジオの健康相談に出てくる、整形外科医平林先生が

 ご自身も高齢の腰痛のためコルセットは欠かせないと本の中でも書いていますが。

 

 平林先生曰く、自前の丈夫なコルセットを作っておきたい!といってました。

 自前の丈夫なコルセットとは、つまり自分の背筋と腹筋coldsweats01 

 それと大腰筋等のインナーマッスルと臀部筋です。

  

 でもなかなか普段からスポーツでも愛好している方でないと、腹筋や背筋は

 鍛えることをしませよね!

 

    bell平林先生も言ってますが、急性腰痛は加齢で筋力低下の下地に

    不用意な動作で起る、つまりウォーミングアップ不足だという表現が

    とても納得するですね!

   カズが考える「ぎっくり腰予防のウォーミングアップ」とは

   前屈みや中腰での姿勢をするときや物を持ち上げる動作を起こす時に

   その動作を意識して、ゆっくり行ことが大切だと思います。scissors

    つまり腰を労わりながら使うこと! ネ!ワンワン。

    12_2    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

腹八分! 蛆虫

 「腹八分!」というタイトルも今回でお終りとなります。

  血糖コントロール不良のお袋も、カズの強制介入で少しは意識して

  くれるようになったかな? まあ、そんな甘くないけどね!coldsweats01

  シリーズで記事にしてきた、「腹八分!」の内容を記事にし始めたのは

  ケアマネージャーの資格を持っている、宮本先生の本がきっかけです。

  宮本先生!この本読んでいろいろと勉強になりました。感謝!

0000013412img200912

    カズと同い年の1959年生まれの宮本さん、ケアマネージャーの資格が

    あると言っても、本業は日本医科大学再生医療科部長で

    日本の先進医療のトップランナーで「マゴットセラピー」という治療法で

    マスコミにも多々取り上げられているようです。その治療でバイオベンチャー

    を立ち上げて、東京都ベンチャー技術賞や2008年内閣府スーパー医療特区

    に採択された難治性疾患の創薬の研究にも取組んでいるそうです。

    

    「マゴットセラピー」ってご存知?

     「男やもめに蛆がわく」という諺がありますが、その蛆(うじ虫)を使った

     治療のようです。

     糖尿病が悪化して重症になると、大血管障害を起こして、肢が

     下の写真のように壊疽の状態になり、切断を余儀なくされる。

    Figure01_01

 ここまでなると、生命予後は

 癌より悪いようです。

 この腐った肢をうじ虫君が

 治してくれる治療法が

 マゴットセラピーだとか。

     糖尿病は、怖いね! この壊疽以外に、宮本先生の病院には

     糖尿病を悪化させて、透析治療を余儀なくされる腎障害患者さんや

     失明寸前の網膜症の患者さんや、心筋梗塞、脳梗塞の患者が

     一杯くるそうです。 糖尿病恐るべし!だねcoldsweats02

    宮本先生の言っているように、サンレントキラー(静かな殺し屋)だね!

    先端医療のトップランナーの宮本先生も、「腹八分!」が科学的にも

    証明された一番の糖尿病治療の「あるべき姿」だと・・・・・    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

腹八分! その3

 日本海の雪国の皆様! 今日も大雪警報で大変だと思いますが、

 春は目の前に来てます。 

 めったに雪は降らない浜松も昨日北部エリアは、吹雪いてました。weep

 糖尿病治療を受けている、我が家のお袋の話から「腹八分!」というタイトルに

 なってしまいましたが、その血糖コントロール不良のお袋にカズは先週から

 強制介入しております。もうじき80歳にもなるので、あまり厳しく管理しないほうが

 と思いますが、でも糖尿病は、別名「サイレントキラー(静かな殺し屋)」と言われ

 ている、自覚症状がなく急に悪化・重症になる怖い病!

 お袋曰く、「分かっちゃいるけど、食べちゃうの!」 の言葉の通り

 医者から言われている、カロリー制限がまったく出来ていません!coldsweats01

 と言うか、自分に都合の良い判断している食事療法なのです。

1280800fff 一点だけ口酸っぱく

言っているのは、大好きな

白米の量を減らす点!

親父と同じ食事をしているが

お袋は必ずライス付き。

雑煮にも半ライス、蕎麦にも半ライス。

お米はブドウ糖が多いだよ!pout 半ライス付きは止めろ・・・・・

 

  bell 「腹八分!」だと脳の機能も良くなる!

 昨日の中日新聞朝刊の”老いに勝つ”というコラムに、浜松医大名誉教授

 高田明和先生が面白い内容を掲載してました。

 カロリー制限の研究で有名な米国ジョンズ・ホブキンス大學の動物実験の

 話ですが、カロリー制限をしたラットとそうでないラットの比較で

 20%カロリー制限したラットの方が、

 コレステロール・中性脂肪は低くHDLや成長ホルモンは高くて、とても健康的

 それに、記憶等の学習能力が高いという結果だそうです。

  「腹八分!」は身体にも脳にも良くて、寿命を延ばす。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

腹八分! その2

 読者の皆さん!

 寒波も峠を迎えているようで、もう少しで春が来ます。春の来ない年はないのです。

120_4_2

 さて、今日も記事のタイトルは前回に続いて”腹八分”ですが

  「サーチュイン遺伝子」ってご存知ですか? カズも知りませんでしたがcoldsweats01

 なにやら長寿遺伝子だそうです。

 先日読んだ宮本さんという、日本医大病院で再生医療をしている医師が書いた

 本のbook中にあったのですが、

マサチューセッツ工科大学のレオナルド・ギャランテ教授は、長寿遺伝子「サーチュイン」を発見し、世界中から注目を集めました。老化を遅くして寿命を延ばすこの遺伝子は広くいろんな生物に存在することもわかりました。マウスの実験では、サーチュインが活性化すると、周りの遺伝子に働きかけ、ガン抑制など様々な効果を生むことが実証されています。しかし、普段は静かにしていて、あるきっかけがないと働きません。教授は人間にも同様な効果があると考え、研究を進め、食事のカロリーを制限したときにサーチュインが活性化することを突き止めました。
 ウィスコンシン・マディソン大学では、カロリー制限が生物に及ぼす影響について研究を続け、20年前から1200匹以上のサルを研究のために飼育しています。同じ時期から飼育し、カロリー制限してきたサルと通常の食事のサル。見た目の違いは一目瞭然、カロリー制限したサルのほうが若く見え、さらにより長生きするというデータが出たのは驚くべきことでした。飽食の国アメリカといえど、いまや一般の人々の中でも、食生活を見直す動きが広まっています。

   この話の内容は、以前テレビ朝日でも放送したそうです。

  つまり「腹八分!」が健康で長寿になれる遺伝子をONにしているという証明。

 2128bcc5_0114055

カズは別に長寿でありたいとは

思わないけど、糖尿病には

なりたくないなと思うね。

だから、「腹八分!」と言って

食事しよううかな!

でも、たまにはバイキングでお腹

一杯食べても良いよね!happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

体脂肪は体に欠かせない!

 今日は寒波も一休みで、風はあったけど久しぶりのランニング日和に!

 午前中近所の河川敷き公園に120分のランニングにGO!走る

 今月26日の浜松シティマラソンが近くなったせいか、河川敷きも結構

 ランナーがいました。happy01

1101

  冬はそんなにランニングで汗掻いてないけど、基礎代謝が高まるので

  体脂肪を結構使うのです。夏場より体脂肪率が減りますね!

  今日のように120分ランニングしていると体脂肪を使っているなと感じる。

  脂肪と言うと悪の根源のように世間では、邪魔もの扱いされる”脂肪”ですが

  その脂肪は、体に欠かせない大切なものです。

  脂肪は「溜めるのではなくて、使うためにあるのです。」

  

 先日読んだ、湯浅先生の本の中に51fsexihvbl__sl500_aa300_

   <脂肪の大切な役割として>

 1、エネルギーの貯蔵

 2、たんぱく質の節約

 3、体温調節

 4、女性の月経の発現と維持

湯浅先生は中京大學スポーツ科学教授

 浅田真央ちゃんのスケート部の部長。

 

  冬場の寒い時期は、体温調節という意味からも、ある程度の体脂肪が欲しい

  ですね!特に女性の場合は市民ランナーでも体脂肪率が18%~20%は

  最低欲しいようです、でないとホルモンバランスが崩れて困るようです。

    男性ホルモンも女性ホルモンも脂肪が原料として作られる、特に女性ホルモン

  維持には脂肪は欠かせない。思春期からの毎月の月経維持にも体脂肪が

  大切に働いているようです。 

  

  肥満の原因の一番も、この脂肪! 肥満は脂肪を溜め込んで

  肥満細胞が大きくなり、内臓に溜まり出す、内臓脂肪が問題だと。

   

  お肉等の脂っぽい食べ物以外に、普通にご飯やパンでも

  体に入って体脂肪になります。

   でもね、この本を読んでカズは脂肪は、ある程度多めにあった

  方が良いのではと感じました。happy01 つまりチョッと脂肪が多い

  メタボ気味の方が、健康的ではないかと思いますよ!

   

  

  

   

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

遺伝子のスイッチがONに!

 「福は内、福は内、福は内!」とお袋が帰ったら節分の豆まきをしてました。

  「お袋!欲張って福は内だけしか言わないのは、良くないよ!」

  「鬼は外も言わないと!」と忠告してあげました。お袋らしいというか・・・・・coldsweats01

1_2

   筑波大学の名誉教授で、分子生物学の権威の村上和雄という学者の研究に

   遺伝子にはONとOFFがあり、95%がOFFのままだそうです。

   環境の変化や、気持ちの変化でONになるが、”笑う”ことで遺伝子がONに

   なり、病が改善することがあるそうです。

  カズは、この話をある本で読んで、今親父と取組んでいる”回想話”も

  記憶の遺伝子をONにしているのではないかと、確信めいたものを感じる。happy01

  親父と取組んでいる”回想話”とは、別にどうってことはない親父の昔話を

  聞いてあげることです。その話を折角なのでメモって文書におこして保存して

  います。3年前にも親父が勤めていた会社時代の事を残した”回想話”を

  作りまして、今回はその第二弾かな!

  回想法という、高齢者の認知症予防の心理療法・認知療法は

  今、老人病院や介護施設で良く行われているようですが、カズはそんな予防と

  言う意識はあまりなくて、親父にとって昔話をするのが楽しいそうなので、

  聞いているのです。

  これが不思議と、60~70年前の記憶がリアルに回想されるのですね!

  だから60~70年前の記憶が鮮明に残っていて、その遺伝子がONになって

  詳しく話しはじめるのだと思うのです。 特にその時代の写真を見ると鮮明に

  思い出すのです。  とても不思議で面白い。happy01

   __3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧