2009年11月 4日 (水)

メンテナンス!

 今日も、日本シリーズを見ながら、このブログ記事にしてます。

  5回の裏5対1で、日本ハムがリードしてます。coldsweats01

  でも、毎日両チームともファンにとって興奮する、良い戦いしてくれてますね!

  話は変りますが、先週の土曜日久しぶりに、図書館でのんびり雑誌を読んでまして、パソコンに関する雑誌「日経PCビギナーズ」のCドライブの整理というタイトルが目につ 273504587_2 き、ゆっくり読みました。今のパソコンを買ったのは4年前で、購入当初は、パソコンに関する雑誌を見ながら、パソコンのメンテナンスにも気配りしてましたが、最近はマンネリ化して、ドライブに保存のファイルも古いままでweep、使わないソフトもそのままでした。

 この雑誌を見て、「デスククリーンアップ」をして、ドライブのお掃除を!Cドライの使っていないファイルや画像を削除し、使っていないソフトのアンインストールをしました。

結構時間がかかり、半日潰れましたが、お陰でパソコンが気持ち軽くなったような感じがします!パソコンは購入時に使わないソフトが沢山入っています。パソコンマニアでないとなかなかソフトのメンテナンスはしないですが、でも簡単に出来ますよ!happy01

 話は、また変わりますが、先日読んだbook 「夫婦という幻想」の中に、夫婦も時々「メンテナンス」が必要であるという内容がありました。

 夫婦も新車(新婚)の時は良いが、時間が経つといろいろと故障が多くなるので、定期的な「メンテナンス」が必要であるとの事。夫婦という車の定期的な車検をしてくれる所があれば良いが!この本の内容はまた記事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

ブログ管理ページにアクセス解決! 疲れました!

 2日前より、このブログの管理ページにログインできなくなりまして、2日間悪戦苦闘の末、先ほど解決しました。問題はログインIDが二つ登録されていたのです。最近登録変更して、新しいIDでいままでログインして全く問題が無かったのですが、2日前のniftyのシステム障害から、新しいログインIDでは管理ページに行けずでした。解決したので良かったですが、何故こんなことが起きたのでしょうか?

 以前のログインIDを手帳に書いてあったので、良かったですがそうでなかったら、たぶん思い出せなかった。

ココログサポートサービスで質問をして、その回答を見て、もしかしたらと解決へのヒントがでました。回答のコメントいただきました方には感謝です。http://cocolog.kaiketsu.nifty.com/questions/18527/thread

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

セキュリティー更新

  • ウイルス対策
  • スパイウェア対策
  • パーソナルファイアウォール
  • 個人情報盗難対策 (アドオンパック)
  • フィッシング対策
  • ネットワーク監視機能
  • ボットネット対策
  • ルートキット削除機能
  • ブラウザ保護機能
  • インターネットワーム対策
  • 侵入検知と防止機能
  • OS とアプリケーションの保護
  • Web サイト認証
  • パルス アップデート
  • ノートン インサイト
  • SONAR™ ビヘイビア検出技術
  • スパム対策
  • 保護者機能 (アドオンパック)

★エイデンで買ってきました、ソフト。今回更新しました、ノートン・インターネット・セキュリティー2009、毎年1回の更新で6580円の支出。毎日のようにネットを使っていますので、しかたない支出ですが。上記の機能があるそうです。この中で、Webサイト認証は以外と便利ですね。

 pencilさて、読書感想「東條英機 天皇を守り通した男」です。本日読み終えましたので最後の感想としてブログ記事にします。book

Photo 終戦後、60年以上が経過していろいろな真実が明らかにされています、この著書もその一冊ですね。

東京裁判は昭和21年5月3日から始まり、2年半の長きに渡り戦勝国が敗戦国を裁く一方的な、シナリオが決まっていた裁判だったようです。著書の中での「空想の歴史」と表現しています。

この裁判で東條と同じく死刑を宣告された、木村陸軍大将の長男(当時18歳)の父上に宛てた手紙が著書の中で紹介されていましたが、読んでいて涙が止まりませんでした。weep  東京裁判では、証拠や申し立てを裁判所が決定できる仕組みになっているので、連合国に不利な証拠はことごこく却下された。逆に南京虐殺のような証人のいない証言や風評さえもが証拠として採用された。その結果、広島・長崎への原爆投下や日本の都市への無差別爆撃、ソ連の日ソ中立条約を破っての参戦など連合国に不利な証拠はことごとく却下されたようです。

 しかし、この一方的な裁判の中で、東條英機の主張は一貫していた「日本の行った戦争は、自存自衛のためやむを得ず誘発されて行ったのであり、あらかじめ戦争を計画し準備したものではない。また、戦争の決定は天皇の意思ではない。ただ敗戦の責任は自らすすんで受け入れる」。この東條の一貫した主張は、反対尋問を行った、キーナン検事とのやり取りが著書の中にありましたが、キーナン検事の尋問にも動じず、東條の堂々とした姿と主張で、東條が「英雄」になってしまったようです。この東條証言は、マッカーサーも「東條証言の影響はおそらく深刻なものになるだろう、東京裁判の持つ矛盾は人類の永久に解決されない問題であり、多くの人が意見を異にするであろう」と後述している。著者は、東條はマッカーサーまでも打つ負かしたと書いています。

Ezofkr6  

 マッカーサーは昭和26年にアメリカ議会で「日本の戦争は侵略戦争ではなく、止む無く行った自衛の戦争であった」との主張を認めている。

 このような真実は戦後、あまりオープンにされていなく、戦後GHQによる情報統制により、日本の新聞・ラジオ・映画のマスメディアが「連合国の戦いは正義の戦いであった」というプロパガンダが浸透したようです。

 ミズーリ号の終戦調印式にも臨席し、陸上幕僚長も務めた、杉田一次さんは「東京裁判で堂々と日本の立場を主張したのは、東條総理ひとり。戦後、日本人は尾をふって占領軍の機嫌をとり、戦争責任を東條ひとりに転嫁してきた」と述べているそうです。

この本を読んで、靖国神社参拝の問題や中国他アジアの国が何故日本を攻めるのかの認識が少しかわりました。A級戦犯として靖国神社に祭られている東條英機は、立派な英霊ですね、以前テレビに東條の孫娘が「A級戦犯とは思っていません」という事を話されていたのを思い出しましたが、その通りだと思います。A級戦犯どころか「英雄」だったのが真実のようです。この福冨さんの著書は、東條英機について好意的に書かれていますので、これが正しい歴史認識だとするのは間違いかもしれませんが、最近までの、いろいろ資料を基に書かれているようですので、カズがいままで考えていた、東條英機の負の認識は変わりました。それどころか、日本の先人に逞しい、立派な軍人・政治家「東條英機」がいたということを、心に刻まなければいけない。

 読書の秋に、素敵な一冊でした。著者の福冨さんに感謝いたします。scissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

久しぶりの明るいニュースでしたが!

ノーベル物理学賞のニュースには、明るい気持ちにさせらてたと思いましたが、日経平均1000円近い下げで、100円突破の円高にもびっくりです。ノーベル賞の賞金も円高で大きく目減りすることは困ったことですね。そのまま外貨のままで円安までおいて置くのでしょうか?この為替と株安で各企業の業績下方修正のオンパレードになるでしょう。また、銀行や保険会社は、有価証券の評価損が凄いことになるでしょう。つまり、法人税も大幅に目減りするので、国の税収が大きく狂い始めるでの、更に大変なことにweep。今日、麻生総理が選挙どころではなくなると発言したようですが、その通りだと思います。

 ここ2、3日ラジオやテレビで太田裕美の歌をよく聴きます。昨日もテレビで本人が「木綿のハンカチーフ」を歌っていました。今日もラジオから「木綿のハンカチーフ」が流れてきました。カズの青春時代の懐かしい歌です。もう30年以上前の歌ですが、テレビの太田裕美はオバサンでしたが、声は全く変わっていませんでした。今日もラジオから流れてきた「木綿のハンカチーフ」を10代の時の純真な気持ちになって口ずさんでいました。flair

 「恋人よ、僕は旅立つ、東えと向かう列車で。華やいだ街で、君への贈り物探す、探すつもりさ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)