2008年6月 8日 (日)

Aging Place!

今日は入梅らしい天気です、これからこんな鈍よりする天気が多くなるcloud

Fuji119 今日のタイトルは「Aging Place」この言葉は、先日図書館でお借りしてきた、長寿研究センターの「生きがい研究」の本の中によく出てきた言葉。

世界の高齢者の共通の気持ち。老いても住み慣れたところに住み続けたいという考え方だそうです。現在の我が国の高齢者も生まれ育った所に住み続けたい、それが日本の場合は今、過疎の地域が多い。カズが生まれた天竜はその典型です。

米国の高齢者事情として、米国社会は底流に個人の「自助」と近隣社会における「共助」を基本とし、政府の役割は出来る限り小さく保つという基本哲学があり、社会保障政策にも反映されている。米国はProductive Aging・・・・高齢になっても出来る限り社会の中で役割を担い、サービスの「受け手」としてよりも「担い手」であり続けるという概念がある。米国の人口動態は日本程まだ高齢化率が進んでいなく、65歳以上の高齢化率は12%、(日本は20%)。米国の高齢者は大都市及びその郊外に集中して住んでいる。高齢者人口の80%が大都市とその近郊だそうです。この点がわが国と逆です。その関係なのか、在宅での生活が多い。それを支援するいろいろなプログラムがある。NORC(リタイアメント・コミュニティー)がある。このNORCはマンハッタンの集合住宅で居住者の徘徊・転倒・家賃の滞納の問題を居住者たちが助け合い支援することから発展したもの。米国の高齢者の居住が多いニューヨークはこのコミュニティーがいろいろとあり、高齢者が自分達の力でまた、メディケア・メディケイドを使って積極的に生きている。

 わが国は親方日の丸の考え方が多く、国に全面依存する傾向にあるから大変だ。米国は日本のように全国民をカバーする公的医療保険制度がないから、ある意味自由に積極的に高齢化を楽しめるのでしょうか?

日本のお年寄りが国に依存し過ぎるとは思いませんが、政治・行政がその傾向があるのでしょう。

★リラックスするモーツアルト・・・・・クリネット協奏曲イ長調k622

   休日、コーヒーを飲みながらこの曲はリラックスします。時々聞くモーツアルトは何かしながら聞けるのが良い。このブログ記事を書きながら自然と耳に入ってきます。不思議な音楽ですね。特にクラリネットの音色は癒される感じです。Photo 小鳥の囀るに似ている。

今日のランニングは雨上がりの午後に、PM3時半からスタートして、いつもの週末ランコース山東コースに約100分のランニング。午後のランニングは殆どないので、なんだか汗が多く、疲れも・気分的にも朝のランニングとは違います。カズは朝のランニングのリズムが定着していのか?午後のランニングは何かすっきりしない感じです。毎日の生活リズムは凄いですね。run

Photo_2 今日、先日注文しておいた、35th anniversary MARIKO TAKAHASI CONCERT  VOL 32 2008 ”Seing Heart”のチケットが来ました。

アクトシティ浜松 大ホールのまた3階だ。3階だと殆ど顔見えないのですが、その方が良いね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年5月29日 (木)

考えさせられるニュースです。

今日、IBFのKちゃんへのMレターにもコメントした、ことですが。ユニセフからの「アフリカ子供白書」は衝撃的な記事でした。子供を持つKちゃんも同感の反応でびっくり。日本は超高齢化社会でいまや、後期高齢者の保険がどうの、年金がどうのと平和な悩みをいっている国ですが、アフリカとの格差は凄い。どちらが幸せかは比較できませんが、未来ある子供が止む無く、病気や飢餓で命を絶つのは?寂しいですね!

500万人が5歳未満で死亡 アフリカ子供白書を初公表

 国連児童基金(ユニセフ)は28日、横浜市で開かれたアフリカ開発会議(TICAD)会場で、アフリカの子供たちをめぐる現状をまとめた「アフリカ子供白書2008」を公表した。アフリカ版発行は初の試み。

 ユニセフのベネマン事務局長は「世界中で毎年、約1000万人の子供が5歳の誕生日前に亡くなっているが、そのうち半分の約500万人がアフリカの子供たちだ。地域の保健システムが機能すれば、これらの子供たちの死は防げる」などと訴えた。

 報告書によると、サハラ砂漠以南のアフリカの5歳未満児死亡率は1970年から2006年の36年間で約3分の1に減少した。しかし、予防可能な病気での死亡がいまだに多く、世界で最も死亡率が高い10カ国中、9カ国はシエラレオネ、アンゴラなどアフリカの国々。死因の40%は下痢や肺炎で、マラリア、エイズもそれぞれ18%を占めた。(共同)

※写真=「アフリカ子供白書2008」を発表した国連児童基金(ユニセフ)のベネマン事務局長(左から3人目)ら=28日、横浜市内のホテル

(共同通信社)

★今日は孝志君といつもの「青葉」で串揚げを夕食に頂きました。彼とは時々、この青葉の串揚げを食べに来ます。彼もこの4月から新たな勤務地で頑張っているのです。社会福祉士を目指して勉強中の彼としては、今はひとつの通過点ですので、福祉用具専門相談員として、老人介護の仕事を経験され、また他のヘルパーさんやケアマネさんとのコミュニケーションを図り、人間関係の勉強もして、レベルアップをしてくださいね。カズはどんな時でも君の応援団だから、信念を強く持ち頑張れよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月21日 (日)

秋の気配!

Img_0971 昨日「おわらの夕べ」を見に行きました。毎年浜松肴町で行うそうです。「おわら」は富山県の民謡です。おわら踊りは今日始めてですが、なんとなく、以前山形で聞いた、民謡に似ていました。三味線、太鼓、胡弓と歌い手のなんとも言えない、哀愁のある踊りですね。女踊り手のしぐさがで素敵でした。良かったねヤッコマン!

一部歌詞に「鳴くなこおろぎ 淋しゅうてならぬ お前一人の オワラ 秋じゃなし」がありますが、良いですね。

Img_0980 今日は、今年最後の自宅の芝刈りをしました。今年6回目の芝刈りです。写真の青い緑色は後1ヶ月で終わりです。芝の手入れも大変だ!来年春までゆっくりしましょう。

妹から預かっている柴犬「コウジロウ」を夕方散歩に、今日のランニングはコウジロウとのウォーキングに変更、犬は走り続けるとストレスになるそうです、犬とランニングは不向きで、犬はチョコチョコと歩き、マーカーして進むから、ずっと走り続けるのは良くないそうでうす。

コウジロウと森林公園を約2時間散歩しました。たまには散歩(ウォーキング)も良いですね。  そうだ、掛川の荒木さん!ブログ読んでるから言いますが、ランニング以外にたまには、歩くと良いよ、特に、坂道や階段のあるところはトレーニングになりますよ。

今日の休日のオヤジクッキングは昨日戴いた小鯵を「アジフライ」にしてポン酢でいただきました、ビールに合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)