2015年4月13日 (月)

おめでとうございます。

HIRO、妻・上戸彩妊娠を報告「大切な命授かった」

マジですか???????

今朝、妻から上戸彩がお目出度だってと一言。

えっ!本当?

今朝から素晴らしいニュースでした。scissorscoldsweats01noteheart04

上戸彩が第1子妊娠を発表、HIRO「感謝の気持ちでいっぱいです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

般若心経

今日は、親戚の四十九日の法要に親父の代理で行ってきました。

仏教の場合は、亡くなってから七日ごとに法事・法要があって、

四十九日までの法要を「追善法要」と言い、

その後一年ごとの法要を「年忌法要」、

なかでも、亡くなってから49日間を「中陰」と呼ぶそうです。

  だんだんと、年を取ったせいなのか、お経というものが自然に感じられる。

  たまには、「般若心経」を和尚に倣って、声に出して読むのも良いことだ。

  本当なら、法要の時以外にも、お経を唱える習慣があったほうが良いね。

    色即是空、空即是色

この世にあるすべてのものは因と縁によって存在しているだけで、その本質は空であるということ。また、その空がそのままこの世に存在するすべてのものの姿であるということ。

    

20070111113125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

PDと痛み!

 パーキンソン病って何? 老化? 病気なの?

  日々、我が家の親父を悩ましているらしいパーキンソン病(PD)。

  文献によりますと、1817年にイギリスのジェームズ・パーキンソンより初めて

  報告され、「手の振るえ」が最初の症状だったようです。

  確かに、以前は「手の振るえ」が酷かった親父ですが、良い薬のお陰か

  今はそれは治まっています。

  その代わりに、日々足の痛みが出現して、悩ましい足の痛みに苦悩が耐えないと

  言う親父です。

  この「痛み!」という主観的な症状は、本人にしか分かりません!coldsweats01

  だから医者が一番困る症状も、この「痛み!」のようですね!

  パーキンソン病が原因の「足の痛み」は、無いということが言われているようで

  すが、 では親父の悩ましい痛みはどこからくるのか?

  親父曰く、「薬(L-ドーパ製剤)を飲むと痛みが治まる)」と言っているので

  パーキンソン病と無関係とは言い切れないよね。

   医者も医学的確証がないので、患者の痛みに対して関係付けられないのか

  もしれないけど、でも「痛い!」のは消えないのも事実のです。

  カズは不思議に思うのですが、「手の振るえ」が出ていた頃は、そんな足の痛み

  はありませんでした、薬を増やしてから手の振るえが消えて、良かった良かった

  と思ってたら、足の痛みが出現したのです。 不思議だね!

 先日、ネットで「パーキンソン病と痛み」と検索したら、次の論文にヒットしました。

 この論文を少し読んだら、親父の言っている”痛み”に悩んでいるパーキンソン

 病患者が実に多いことに、びっくりしました。 

 親父の訴える痛み症状は、PD患者の痛みと同じなんだ。coldsweats01

  では、どう対処したら良いのか??????? マッサージ等で誤魔化すしか

 ないの?それとも我慢するしかないの?

 

パーキンソン病(PD)における「痛み」についてのアンケート調査(第1報)

岡田 芳子(パーキンソン病患者・皮膚科医・APPLE協同管理人)
茨木 和子(山梨県患者・ピアサポーター)
橋爪 鈴男(患者・くわのみクリニック皮膚科・HOPE代表世話人)
久野 貞子(京都四条病院パーキンソン病神経難病センター)

<結論>

PD患者502名のアンケート調査により患者の77.5%に「痛み」を伴うことがわかった。「痛み」は患者のQOLの低下につながるため、「痛み」に対しての医療者側の理解が深まることが重要と思われる。
今後2次調査を行って、「痛み」の質についてさらに検討を行い、患者の「痛み」の克服に更なる貢献ができることを期待している。

         120

     

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

腹八分! その2

 読者の皆さん!

 寒波も峠を迎えているようで、もう少しで春が来ます。春の来ない年はないのです。

120_4_2

 さて、今日も記事のタイトルは前回に続いて”腹八分”ですが

  「サーチュイン遺伝子」ってご存知ですか? カズも知りませんでしたがcoldsweats01

 なにやら長寿遺伝子だそうです。

 先日読んだ宮本さんという、日本医大病院で再生医療をしている医師が書いた

 本のbook中にあったのですが、

マサチューセッツ工科大学のレオナルド・ギャランテ教授は、長寿遺伝子「サーチュイン」を発見し、世界中から注目を集めました。老化を遅くして寿命を延ばすこの遺伝子は広くいろんな生物に存在することもわかりました。マウスの実験では、サーチュインが活性化すると、周りの遺伝子に働きかけ、ガン抑制など様々な効果を生むことが実証されています。しかし、普段は静かにしていて、あるきっかけがないと働きません。教授は人間にも同様な効果があると考え、研究を進め、食事のカロリーを制限したときにサーチュインが活性化することを突き止めました。
 ウィスコンシン・マディソン大学では、カロリー制限が生物に及ぼす影響について研究を続け、20年前から1200匹以上のサルを研究のために飼育しています。同じ時期から飼育し、カロリー制限してきたサルと通常の食事のサル。見た目の違いは一目瞭然、カロリー制限したサルのほうが若く見え、さらにより長生きするというデータが出たのは驚くべきことでした。飽食の国アメリカといえど、いまや一般の人々の中でも、食生活を見直す動きが広まっています。

   この話の内容は、以前テレビ朝日でも放送したそうです。

  つまり「腹八分!」が健康で長寿になれる遺伝子をONにしているという証明。

 2128bcc5_0114055

カズは別に長寿でありたいとは

思わないけど、糖尿病には

なりたくないなと思うね。

だから、「腹八分!」と言って

食事しよううかな!

でも、たまにはバイキングでお腹

一杯食べても良いよね!happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

感情の老化に注意!

 日々高齢の両親を見ていると、身体の衰え以上に感情の老化を感じる!

 感情の老化とは、高齢者に失礼な表現ですが、カズ自身もその域に入って

 いるのかな~と両親を見ていて感じるのです。coldsweats01

  先日、このブログで紹介した仏陀の教えを書いた、アルボムッレ・スマナサーラ氏の

  著書の内容に、「心は怠けるのが好き」とありましたが、年を重ねれる毎に

  心は怠けることから、だんだんと抜け出せないというのは真理だな~と思う。

  12808

  shine感情の中で、怠け癖がついて衰えてくるのが

    「怒りっぽくなる、僻みっぽくなる、愚痴っぽくなる、妬む」感情。

   特に、中高年以上になってからの、若さに妬む感情は凄いね!

   「嫉妬する」ジェラシーという感情は、人の持っている感情の中で、

   プラス面とマイナス面の両方を兼ね備える性質があるのです。

   本人は、そう思ってなくても人の足を引っ張ってしまう「嫉妬心」に

   今も昔も翻弄されて、苦しめられるのが人間なのでしょうか?

  shineこの嫉妬心からくる怒りの感情は、精神科医の和田氏の本の中で

  現代の精神分析学では、

   愛されないこと、自己愛が満たされないことが、嫉妬心の怒りを性質の

   悪いものにしていて、怒りを持続させてしまう。場合によっては増幅させ

   てしまうと考えられているそうです。

    つまり、自分が愛させていない、無視させている、友達がいない、

    注目されていない、恋人がいない・・・・等々

    自己愛が傷ついているときに、特に病的な恨みにまで発展する。

    本当に「嫉妬心」という感情は、年齢に関係なく、人を左右してしまう

    強烈なパワーがあるんですよね!

    だから大火傷しない程度に、可愛くほどほどに嫉妬しないとね!coldsweats01

    NHK大河ドラマ「江」を見ていて、秀吉の正室ネネが、茶々に嫉妬して

    ますが、秀吉そのものも権力への嫉妬心は、天下一品だったんでしょう!    

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

丈夫な母に脱帽!

 一昨日は、恒例の「兄弟会」を近所の居酒屋「こころ」でhappy01

  カズの兄弟は妹二人の3人兄弟です、皆近所に住んでいて年に2~3回

  beerを飲んで、日頃の愚痴を酒の席で「愚痴りっこ」します。

   と言ってもカズが同居する両親の愚痴を聞いてもらっているというのが内実。coldsweats01

  話題の中心は、我々3人を生んでくれた母ですが、

  今回は90その母の丈夫な身体に3人とも

  感心して脱帽したのでした。

   やっと風邪が回復した親父ですが、10日間

  位頑固な咳に悩まされていました。

  その親父と毎日24時間共にする母は、

  何ともありませんで、至って元気。

   母は、今までに風邪らしい病気になったこと

  が無いと自分で豪語しているくらい丈夫な

  身体なのです。

    我々3人の兄弟は、その丈夫な母から生れてきたのだから、きっと丈夫な

  身体であるだろうと思いたいのですが、母には適わないという結論でした。

    やはり、女は丈夫な身体が一番ですよね!coldsweats01

    しかし、妹2人の酒の強さには、毎回感心させられます。その点だけは

    親父譲りなのでしょうか?

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

読書の秋!

 読書の秋ですね!maple

 と言っても、カズは年がら通年読書してますが、ランニングに次いで好きな趣味。

 読書もランニングも、カズにとっては共通点があります。

  それは、「心のビタミン剤です」happy01

 今年もいろいろなbookを読みました。好きなジャンルは特にありません。

 なんでも、貪欲に読んでます。本から本を教えられることは良くあることですね!

 

1112

  人生の大先輩にbookで教えられることも、よくあります。

  年取っても、本を出すぐらいに、情熱を表現することって大切だな~と思います。

   そんな中で、先日読んだ日野原・多胡さんの

      「長生きすりゃ いいってもんじゃない」

  は、とても良かったですね!

  日野原重明さんの本は何冊か読んでますが、

  来月99歳の誕生日を迎える長寿!

41fohjszlyl__bo2204203200_pisitbsti

  99歳ですよ、普通なら介護老人を卒業して、

  生きる国宝級ですよね!

  それが現役の医師で、講演や本の出版も多数。

  日野原さんは、駅に設置しているエスカレーターやエレベーターをなるべく使わないようにしているそうです。

坂道を登るよりも、身体に負荷のかかる階段を「一段、二段・・」と数えながら上がる、それなりの達成感を感じるそうでうす。階段を上がる時のコツは、複式呼吸を使い、吐いて・吐いてと言いながら、3回息を吐く、1回吸う、という呼吸を繰り返しているそうです。

 日野原さんは、「耐えるということは、人間を強く・美しく・逞しくします」と言ってます。

  もうじき99歳なのに、バリア(障壁・抵抗・忍耐)は、生きがいだとも言ってます。

 やはり元気な超高齢者は、バリアフリーではなくて、バリア有~ですね!

   凄いね!

   <この本の名言として> 

   ・師がいれば人は老いません。

   ・家も生き方も「段差」をなくすな。

   ・苦を避ける生き方が苦を呼ぶ。

   ・病気と恐怖が人生の意味をわからせてくれた。

   ・長続きのコツは、仲間を引き込むこと。

   ・年寄りの「プロ」になろう。

   ・計画なんていい加減なほうがいい。

   ・簡単な健康法「腹6分目」。

   ・50点と50点の夫婦合わせて、100点でいい。

   ・生きるとこは、歩くこと。

      いろいろと教えられました。happy01 超大先輩に感謝!

      日野原先生、いつまでもお元気で!

      でも、カズは99歳まで生きたいとは思いませんが。coldsweats01

   

           

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

病に真摯な親父!

 先日、親父にお付き合いして、「浜北区なゆた」で開催された、

 パーキンソン病友の会主催の集まりに行きました。

   親父が毎週1回通っている、ディサービスで、その情報を教えてもらったようです。

 第一部で、パーキンソン病者からの経験談があるとのことで、それを聞きに!

  親父自身が、最近、パーキンソン病症状が進行してることが、身にしみて感じて

 いることで、親父から行ってみたいと言われてお付き合いしました。

 浜北なゆた3F会議室が満席になるくらい、参加者が多かったですね!

  司会をされた方も、パーキンソン病発症4年目の60代の女性で、

 細かな手の振るえをしながら、大変に緊張しているとのお話をされておられました。

 パーキンソン病患者のお話の前に、看護師の方から熱中症の注意点を教えて

 もらいました。happy01

  会場の来られていた方は、内の親父より一世代若い、60代の方が多く、

 今日の主役で、真剣にお話をしてくれたパーキンソン病発症10年の59歳の

 男性の方は、40代後半の一番油が乗った時の発症で、目の前が真っ暗に!

 ・・・・・と言う切実なお話でした。

   その男性の発症から進行してくる、身体症状は親父の今の症状と全く同じで

  親父としては、その男性の話を聞いて、とても共感したとのことでした。

  親父の場合は、パーキンソン病と診断されて5年目に入ります。もう80歳だから

  パーキンソン病患者としては、遅い年齢の発症で、まだ初期の症状ということで

  しょうね?60歳代の患者に比べたら、親父はもう80歳だから、そんなに気に

  しなくても?そんなに焦らなくても?とカズは思ってしまうのですが、

   でも、歳だからという問題でもないのでしょう!

  親父は几帳面で、病気にも真摯に取組む性格なのです。coldsweats01

   その几帳面な性格が、この病気の原因だとも言われています。

  この親父が、日本舞踊に1年前から挑戦しているのです、その主題曲

  「古城」を氷川きよしの歌でいかがですか?

    http://www.youtube.com/watch?v=JmaJcFCnkJw&feature=related

   昔の歌ですが、いい歌ですね!happy01 

    

1114  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

「怒り」の正体!

 「年取ると、頑固で怒りっぽく、僻(ひが)みっぽく、妬(ねた)みっぽくなる!」

  年は取りたくないね!bearing

 

  昨日、山歩きした後、汗と雨に濡れた身体を、

  ゴール地点にある、「モリトポア愛知」で入浴しました。

  ちょうど、大学生らしい若者が数名、入浴していて、

  騒がしく会話して、ドライヤーの取り合いをしている姿を見て、

  「若さへの羨ましさ」を感じ、その若者達の肉体に嫉妬めいた感情を

  抱いたのです。coldsweats01 カズも運動しているので、身体は締まっている方

  ですが、でも20歳前後の若者の肉体と比べると、全然違います!

   いつも入浴場で出会うのは、中・高齢者が多いので、こんな感情を

  抱きませんでしたが、今日は入浴場にカズ以外は数名の大学生eye

   その若者達の艶のある肉体美にeye・・・

   これって、正しく「嫉妬の眼差し!」ですよね!weep

  もう30年前のあの艶のある肉体には戻れない!と感じる「僻み!」

  入浴後、その若者達が、フロント近くのソファーでお仲間らしい女子大生

  からソフトドリンクを貰い、楽しそうに会話している姿に感じる「妬み!」

Photo

   先日、読んだ和田秀樹さんの

   book「怒りの正体!」を読んで、

   「お年寄りが、頑固で怒りっぽく

   、僻みっぽくなるのは」歳とともに、

   脳の感情のコントロールが上手く

   出来なくなるからだ、という内容に

   うちの両親を見ていて,なるほどと

   納得しましたが。

   自分も決して、例外ではないと感じた、一時でした。coldsweats01

   和田秀樹の本は、時々読みますcoldsweats01、精神科医の立場から、様々な人間の感情に接しているので、いつもとても面白く読ませてもらってます。

  この本は、著者が20年前から「怒り」という感情に向き合ってきて、ご自身も喧嘩が弱くて、怒りっぽい人間で、怒りとどう向き合えばよいか?自身にとっても大きなテーマであるとのことです。

 20061224_114496  精神科医の立場から、病的な「怒り」によって、苦しんでいる、また苦しめられている方と接しているので、その悩ましい人間の感情に関して、1冊の本にも出来るのでしょう!

 「怒り」の感情は、瞬間湯沸かし器のように、「キレル」感情から、嫉妬心のように、子どもが母親を取られて怒る感情、またコンプレックスから来る他人へのジェラシー。それが長く続くと、「恨み」といった、人間不信までになる感情と様々です。

 官僚や政治家、大学教授等、知識レベルの高い人ほど、その嫉妬心は強いようです、職業柄ということもあると思いますが、スポーツでも同じですが、ハイレベルになればなるほど、競争心が自然と強くなり、勝者への嫉妬心は当然強くなるのも納得。

 また、韓国のように、日本に対して強烈なライバル心も、「恨み」から来る、国家的な感情だと和田さんは分析してました。納得!

  だから、日本人も、もっと平和ボケしている場合ではなく、社会に世界に

  ジェラシーを感じなければ、発展しないということでしょうか?

  ハイレベルの嫉妬競争は別にして、庶民の怒りの感情と上手く付き合って行くには、どうすれば良いか!和田氏の本の中から、自分の「怒り」を鎮めるポイント

  shine少し間をおく。深呼吸したり、トイレタイムしたり、コーヒータイムしたり。

  shine言葉を選ぶ。言葉で相手が「かっと!」なることは良くある。

  shineユーモアと笑いで感情をセーブする。

  shine睡眠不足もキレル原因だそうですから、睡眠はしっかりと。

  shine栄養不足もキレル原因。イライラしたら甘い物を補給。

  shine携帯の待ちうけ画面に子犬の写真や子どもの写真入れて、見る。

 

  flair現代の精神分析学では、愛されないことが自己愛が満たされないということから、怒りを性質の悪いものにしてゆくし、怒りを持続させてしまう。場合によっては増幅させてゆくと考えなれている。

  つまり、怒りというのは、自分が愛されてない、無視されている、友達がいない、恋人がいないなど、自己愛が傷ついているときに、特に病的で恨みがましいものとなり、ひつこいものとなるようです。

   

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

良い怒り、悪い怒り!

 前回のブログ記事で「愚痴ることの大切さをテーマにしました」coldsweats01

  一般的に「愚痴るって」見っともないね!と考えるのが普通です。

  特に男性の方が、体面を気にする動物なので、特にそう考えがちです。

  愚痴は、喜怒哀楽の中で、「怒り」からくる感情です。

   この「怒り」を感情に出来ない人は、人間ではありません。

  言い過ぎですね!bearing ごめんなさい!coldsweats01

  この「怒り」という感情は、ある意味人間にとって、とても大切は感情で、

  ある時は、生きるパワーとなるし、ある時は、人を大きく傷つけてる。

  特に、この怒りが「集団的怒り」になると、世論を左右したり、国家間の

  戦争にも繋がる問題と発展することになりますよね。

120_mm

   

   一般的に、良い「怒り」は、例えばスポーツ選手なら、試合で負けたときの

  悔しさが、バネとなり次の成果につながる。ビジネスや芸術の世界でも、

  怒りが悔しさとなり、パワーの原動力となります。

   でも、同じ悔しいという感情が、人によって嫉妬心に変わり、この嫉妬心も

  プラス思考とマイナス思考があり、マイナス思考の人は、「愚痴る」「悪口」

  「バッシング」「恨む」という、悪の連鎖を起こし、酷い場合は「足を引っ張る」

  ことに、命を捧げるようなケースに発展しますよね!

   「他人の不幸は蜜の味がする!」という言葉がありまますが、

  この醜い感情は、科学も証明している、人間の持つとてもポピュラーな

  感情だそうです。

   学歴コンプレックス、家柄コンプレックス、容姿コンプレックスなどから

  くる劣等感、ジェラシーは、今も昔も変わりません。

   歴史上の有名な、豊臣秀吉や徳川家康はコンプレックスの塊だったとの

  分析をしている方もいます。

    だから、嫉妬心はある意味生きるパワーとなるのです。

       

   でも、この表裏一体の、どろどろした邪念を抱くのが、

   人間なんですですよね!happy01

   だから、いろいろな人がいて、いろいろな感情に接して、人間関係が

   あるのでしょう! この感情に良い悪いはないのです。

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧