2012年5月29日 (火)

植樹祭に参加しませんか?

 このブログで以前紹介した、森作りの宮脇昭さんの活動覚えていますか?

 マスコミでも多数取り上げられて、「命の森づくりに半世紀、日本一多くの木を

 植えた男!」 横浜市立大学名誉教授。

  

 東日本震災後に「防潮林」の植樹を提唱されて、岩手県大槌町で先日植樹活動が

 行われたニュースは、既にブログ記事にしました。

 

 その宮脇先生の指導による「森の防波堤づくり」が掛川市で6月2日に行われます。

 カズは先日中日新聞を見て知りました。

 今年、宮脇さんの著書を2冊ほど読んで、とても感銘を受けたので、

 是非参加しよと思ってます。

   

  掛川・新茶マラソンに参加されているランナーの皆さん!

  この植樹が行われる大浜地区は、フルマラソンコース中間点でもあります。

  是非ご一緒に参加しませんか?

  

    その案内は、下の画像を見て下さい。 画像をクリックすると拡大します。

 

16_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

伊豆へ2!

 前回の記事に続いて、西伊豆旅行の記事を。

 カズは、西伊豆から見た富士山がとても好きです。happy01

 宿泊した、戸田港周辺から、2日間で多数の富士山を見れて大満足でした。

Photo

12iii 12

 

161_2

   

    戸田から車で40分南伊豆方面に走ると、恋人岬があります。

    奥さんと26年前にも、この恋人岬に来ました。

    こんなに歩いたかな~と言うくらい、アップ・ダウンの道を歩いて岬に。

    こんな鐘があったような?あまり記憶が定かではありませんが、

    でも、結婚前の恋人中だった奥さんと、鐘を一緒に鳴らしたようですがcoldsweats01

    今回も銀婚式を迎えた二人ですが、恋人気分で一緒に鐘を鳴らしました。

    また、5年後の結婚30周年に、もし一緒に暮らしていたら来ようね!と・・・

    09_4

     恋人岬を後にして、堂ヶ島に!

     今回は、風もなく波も静かで、4回目の堂ヶ島に来て初めて

     遊覧船に乗れました、ラッキーです。happy01

     カズも奥さんも娘も感動の堂ヶ島遊覧船の洞窟巡り初体験でscissors

     運よく引き潮で名所三四郎島にも歩いて、渡れました。本当に大満足です。scissors

     48

    09_5

 83 Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆へ!

 写真は、西伊豆戸田峠から見た、戸田湾とその遠くは駿河湾です。

  先日、1泊2日で西伊豆にカズ夫婦25周年(銀婚式)を記念して遊びに

  行ってきました。happy01

  どうして伊豆なのか、カズ夫婦が出会って最初に旅行したのが伊豆だったのです。

  今の奥さんと伊豆に最初に来たのは、ちょうど今から26年前ですかcoldsweats01

  結婚してからも、伊豆は近場で手ごろな所なので、子供と一緒にちょくちょく

  行きましたので、今回で伊豆の旅行は、もう15回目位でしょうか。

    Img_3749

  銀婚式旅行というのに、もうじき23歳になる娘と子連れ旅行coldsweats01

  当然、奥さんと娘は食べることが最大の目的になるわけです。

  先ず沼津港に立ち寄り、海鮮料理の「丸天」で昼食をcamera

Img_3729

   奥さんが注文した、特大金目鯛の煮魚定食eye 超デカイ・・・・

 

Img_3728

   娘が注文した、名物海鮮かき揚げ丼eye

   二人とも、ぺろりと食べてしまいました。coldsweats01 

 Img_3727

  カズは、控えめに鯵のにぎりと生シラスをhappy01 脂が乗っていてとても美味しかった。

  Img_3726

   

   食べ終わって、店を出て娘が一言「もうお腹一杯annoy

   横で奥さんが、「ちょっと食べ過ぎじゃない?」

   娘が「あんたに言われたくない!」と・・・・・

 Img_3730

 こんな調子で25周年の銀婚式旅行は、終始 色気より食い気の1泊2日でした。coldsweats01

 2日間で、よくそんなに食べるなbearingと呆れるくらい、伊豆の美味しい魚介類が

 二人の胃袋の中に消えて行きました。

 26年前は、我が奥さんも、少しは痩せていて、可愛い女だったのにと・・・・

 思い出し笑いしながら。  

   

  今回の旅行の目的は、食べることと、歩くこと!happy01

  丸天でたらふく食べた後は、懐かしい修善寺「虹の郷」へ

  「虹の郷日本庭園」の中は、新緑の緑が一杯で、その中を約90分しっかりと

  歩きまして、ふたりともへとへとに!

Img_3733

Img_3734

  虹の郷に来たのは、娘が5歳の時だったかな~その時も良い天気でした。

  20年ぶりの虹の郷ですが、こんなに緑の綺麗な庭園があったのか。

  

Img_3736

Img_3748 

  その中に紫のバラ園が、とても素敵でした。またしゃくなげ街道も良かった。

   

Img_3741

Img_3746 Img_3747

  藤の花トンネルは、もう時期遅れだったね!

Img_3737_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年11月16日 (火)

秋の京都 その2

camera 前回に続いて、日帰り京都の記事を

  清水寺の次に行ったのは、高台寺です。

  cameraは高台寺の開山堂前の庭です、小堀遠州作の素敵な庭園でした。

 Img_3306

   写真奥の石造が、高台院。ここ高台寺は、ご存知の豊臣秀吉の正室、北政所ねねが夫・豊臣秀吉の菩提を弔うために創建した臨済宗建仁寺派の禅寺。

 

Img_3305

   建物の中の美術品は約400年前の文化財、全て国宝級なので撮影禁止。weep

特に、北政所の墓所である霊屋の中は、北政所と秀吉が祭られていて、須弥壇や厨子には、華麗な蒔絵が施され世に高台寺蒔絵と称され桃山時代の漆工芸美術品には、目が点にeye。凄かったです。 折角なので、画像を高台寺のホームページから一部拝借。

1113_2  1113_3

  

 camera開山堂前の庭園のモミジは、見ごろでした。maple

モミジの隣の娘は紅葉にニコニコと!happy01 娘の顔が北政所が終生嫉妬した、秀吉の子を産んだ「茶々」に似ているようで。

秀吉の側室であった茶々(淀殿)の方が歴史上有名で歴史ドラマにも茶々の強い女の顔が記憶に残ってます。茶々の父は戦国大名の浅井長政、母は織田信長の姪の市の方・・・このお話は長くなるので。

   

Img_3312   

    秀吉の「正室ねね」には子供がいませんでしたので、秀吉が死んでから

    ねねは、ここ高台寺で秀吉ゆかりの物を大切にしたのでしょうか? 

Img_3313

   高台寺を後にして、「ねねの道」を通って、石堀小路に入ったところで、

   あれ、舞妓さんではないですかeyehappy01

    思わずcamera、でも良く考えたら、こんな時間に舞妓さんがいるわけないのです。

   舞妓さんにふん装した観光客でした。coldsweats01

Img_3316

   その先の下河原通りを通って、八坂神社・・・南楼門前でcamera

Img_3317

   八坂神社の中を抜けて、右手が円山公園です。ここの紅葉も見ごろでしたcamera

   この円山公園は、祇園で飲んだ後の夜桜を楽しむスポットとして有名だとか。

Img_3319

  ここから、200mくらい歩くと、坂本龍馬・中岡慎太郎の銅像があります。

  この京都は坂本龍馬ゆかりの地なのです。

Img_3320

   cameraここは、長楽寺入り口の甘茶「紅葉庵」前です。

    そろそろお腹が空いてきたようで、もう4時間近く歩いている、奥さんと娘は

    近くの椅子を見つけては直ぐに腰を下ろしてしまうのです。coldsweats01

Img_3321

  まだ11時ですが、お昼は雑誌に乗っていた、「ひさご」へ。ここはとろとろ親子丼が

  美味しいと雑誌に書いてあったようで、ミーハーの奥さんと娘が・・・

  開店が11:30で、約20分待ちました。既に我々の前に10人位並んでました。

    cameraは、親子丼を美味しくいただいた後に店を出てビックリeye!長蛇の列。

  こんなに並んで食べるほどのものでは無かったような感じですが、

  雑誌の力ですか?

  

 Img_3329

   

   食事した後は、知恩院へ。ここは浄土宗総本山です。そう南無阿弥陀仏の

 法然が起こしたお寺です。 以前読んだ親鸞の師である法然上人の800年の

 法要が行われていました。

Img_3326

   この知恩院の三門はとても迫力がありました。日本で現存する最大の

   二重門だそうです。

    南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏・・・・

   

Img_3325

  camera娘と奥さんは、写真の人力車に乗りたそうな・・・もう歩き疲れたような・・・

    恨めしそうに見てました。

Img_3328

  さて、次は祇園の街をぶらぶらと、御茶屋さんが。

Img_3330_2

  下のcameraは、白川南通り辰巳大明神前です、ここにも舞妓さんにふん装した綺麗な

  お嬢さん達が沢山いました。

 

Img_3333

  さて、娘と奥さんの別腹タイムです。今日の一番大切な目的地”甘味パフェを。

  辰巳大明神近くの雑誌に載っていた「ぎおん小森」に入りました。ここはお茶屋

  さんで、座敷でパフェを楽しむという、京都らしいコラボレーション。

  頼んだパフェも雑誌に載っていた写真の「マロンパフェ」です。coldsweats01

   ただ呆れるばかりです。weep

    Img_3334

    女性というのは、不思議な生き物ですね!

     このパフェ食べたら、元気になってきたのです。さっきまで、もう歩けないと

    言っていた我が家の運動不足の女性二人でしたが、店を出たらルンルンと

    歩き始めまして、平安神宮まで結構な距離を元気に歩きましてcamera

 Img_3337_2

   camera平安神宮の前で元気に記念写真。   

Img_3341

     Img_3342

   日帰り秋の京都旅行最後の地下鉄駅までの綺麗な紅葉を見ながら。

Img_3344

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

参議院選挙のポイント!

 参議院議員はアメリカやイギリスの上院にあたる、

  上から監視する役割??という意味ではなさそうですが!coldsweats01

   Wikipediaによると   沿革 [編集]

1889年(明治22年)に公布された大日本帝国憲法では立法機関(天皇が有する立法権 協賛機関、5条)として帝国議会を置き、帝国議会は衆議院貴族院の二院からなった。民選(公選)議員のみからなる衆議院に対して、貴族院は、皇族議員、華族議員、勅任議員(帝国学士院会員議員、多額納税者議員など)によって構成された。12811

1946年(昭和21年)に公布された日本国憲法は立法機関として国会を置き、国会は衆議院参議院の二院からなる。衆議院および参議院はいずれも民選議員のみによって構成され、衆議院議員および参議院議員国会議員)は「全国民を代表する選挙された議員」と定められた(43条1項)。GHQの示した憲法改正案(マッカーサー草案)では衆議院のみの一院制にする予定で、日本側の反発によっては取り引き材料としての譲歩も考慮に入れていた。日本側の松本烝治は二院制の意義を説き強く反発したため、GHQ側は、第二院を第一院(衆議院)同様、民選議員のみにすることを条件に二院制の存続を認めた。こうして成立したのが参議院である。

  とされています。

 イギリスの上院は、貴族議員が中心になっています。日本も前憲法時代は、貴族・家族議員が上院として機能していたようです。

 つまり、2院制をとるということは、それぞれに役割と立場が異なる任務が求められるということであるのです。

 だから、参議院議員の選出のポイントは、マスコミや政党の宣伝とは、一線を画して

 第二の目を持てる人物や政党に投票する庶民の目eye・見方も必要ですよね。

 衆議院で圧倒的多数の政権与党の民主党の1年近い、行動と実績を見て、

 民主党には、まだ期待感はあるが、まだまだ揉まれる必要がある、監視の目が

 必要だと感じる、カズのような庶民は、今回は民主党以外の選択肢に!という

 選択もありますよね。coldsweats01 今回の選挙は衆議院議員の総選挙とは違う視点で

 1票を投じたい!と感じます。happy01

       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

大崩海岸から駿河湾を!

 前回の記事で、「井上陽水コンサート」のことを記事にしました。そのコンサート会場の静岡市民文化会館まで、浜松からバイクで行きました!

 焼津までバイパスを走り、焼津から大崩海岸を!ここからの景色が最高で駿河湾を一望できます。折角なので、デジカメで1枚camera

Img_2271

 

                                 

                   

大崩海岸を通り、用宗港に!この港は生シラス漁で有名な港。

 カズは、18年前の32歳の頃、静岡市に住んでいまして。この大崩海岸や用宗港も家族で良く遊びに来たことを思い出しながらバイクでを走らせていました。ちょうどその頃にヒットしたのが、陽水の「少年時代」でした。

 写真の用宗港の入り口に、寿司国という美味しいすし屋さんがあります。生シラスは静岡名産で、静岡に在住していた時に、今は亡き菅野さんがよく、この用宗港の近くの魚屋さんで買って、ビールのお摘みにしていた、それでカズも覚えて良く食べました。Img_2266

 静岡の会場の市民文化会館につく頃には、雨雲が真っ黒になり「夕立」が始りました。揚水の曲でこの「夕立」も良く聴いた曲です。当日のコンサートでは夕立の演奏はありませんでしたが!

前職場の先輩であった、菅野さんには、よく飲みにつれて行ってもらったなbeer・・・・・ちょうど、カズが27~28歳で結婚前後の時です、ちょうどその頃、陽水の9.5カラットというアルバムが大ヒットして、カズが大好きなアルバムでいまでの時々聞きます。当日はそのアルバムの中の、「いっそセレナーゼ」「ワインレッドの心」の2曲notesを歌ってくれて、もう最高でしたear。陽水のギターソロで始まる「ジェラシー」も良かったな・・・・

 このジェラシーと言う曲は、石川さゆり・高橋真梨子もカバーしている素敵な歌ですnotes皆さんもコンサートに行ってタイムトラベルしてみませんか?

  ジェラシー  愛の言葉は、愛の裏側  ジェラシー
窓辺にたたずんでる君を見てると  永い年月に触れたような気がする
夕焼けの空のどこかで、忘れた愛が忍び込む  流れるのは、涙ではなく汗
君によせる愛はジェラシー  春風吹き、秋風が吹き、さみしいと言いながら
君によせる愛はジェラシー  ジェラシー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 6日 (水)

見えぬ敵に過剰になり過ぎ!

 今日の中日新聞朝刊、新型インフルエンザの感染者は21ヶ国、1432人、死者は27人。感染者はメキシコ、アメリカ、カナダを中心に欧州に!下痢症状が多いそうです。

 アジア・アフリカ地域への感染が少ないのが不思議ですが?これからなのでしょうか?感染力は強いようですが、死亡率は以外と少なく、弱毒?一般の流行の風邪と較べても大したことはないように感じますが?高齢者への影響も少ないようにも感じますが?

 ただ、新型だというだけで見えぬ敵に過剰な反応をしているようにも感ずる。毎年流行Inu2 のインフルエンザで日本だけでも、相当数感染して、高齢者の死亡は100人以上はいるでしょう! この時期に、風邪を引いている人は沢山いるでしょう、カズも2~3日前から、鼻水が出ています。新型の豚インフルエンザ以外に様々なウイルスや細菌で風邪症状を起こしている人は、この時期だけでも、新型インフルエンザの感染数の100倍以上はいるでしょう。ウイルスは究極の寄生虫です、人や動物の細胞に寄生して生き延びる、利口な生き物です。それも、毎年変異して姿形を変えながら!今話題の新型インフルエンザもその一つの過程なのかも知れません。もっと強力なインフルエンザに変異する可能性の方が驚異です。

 しかし、もっと迅速に診断をする方法を開発するのが急務ではないでしょうか!一般の医療機関では、インフルエンザA・Bは確定できても、そのAの詳しい型が判らない!

 今日の新聞にも、「中国によるメキシコ人隔離」「東京都の診察拒否92件」の記事に自己中心的な過剰反応を感じる。東京都の医療機関の92軒の診察拒否は酷いね!海外からの出入りが一番多い、東京医療機関で食い止めないで、どうるすの!angry

 

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2008年11月24日 (月)

民間人の校長先生をどんどん!

教育現場に民間人の登用をどんどんするの賛成!happy01

 前回ブログ記事にした、猪瀬さん「国を変える力」の中で、東京都杉並区立和田中学校前校長の藤原和博さんのお話も、興味深く感じました。藤原さんは、東大を卒業して、リクルート社に入社し、15年間セールスマンとして活躍。その後義務教育初の民間人校長として杉並区に赴任する。校長になる前にイギリスに勉強に行かれて、そのことがヒントで、「よのなか」科を新設し、ナナメノ関係を大切にする公開授業を取り入れる。

 藤原さんが、大切に考えた「よのなか」科は地域社会が教育現場に参加する社会です。なんのことはない、昔の日本で普通に子供を育てた地域ぐるみの社会を回復すること。

 子供の教育hotelは、学校の先生と親だけではなく、近所のお兄ちゃん、お姉ちゃん、口うるさEzofkr6 いおじさん、おばさんが、するナナメの関係を取り入れる。例えば、土曜寺子屋として、土曜に地域の大学生のお兄さん、お姉さんがボランティアで中学校で一緒に勉強する。中学生も先生には言わないことも、大学生のお姉さんには聞いて勉強するようになるとのことこです。教える大学生も教師を目指すボランティアなので、自身の修業にもなる一石二鳥だそうです。また、図書館に地域の本の好きなボランティアの方を入れて、本の楽しさを教える。また、校庭で地域の家庭菜園や野菜作りが好きなボランティアの方にグリーンキャンパスと称して開放する。

 今、定年退職して時間のある高齢者が沢山います、この方たちのボランティアとしての活用も大切な人材資源ですよね!

 大学では公開講座として、民間人による教育は珍しくありませんが、義務教育の小中学校では、ないようです。でも田舎の小学校で、地域の米の収穫を手伝う社会授業はありますが。でも校長みずからが、地域社会との公開授業の大切さを教育方針にするところはありませんよね。トップが変われば教育は変わるのです。

 小中学校の義務教育にも、新しい血を入れて、校長というトップマネイジメントを藤原さんのような、発想と志を持った民間人材に託してみることも大切だなと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

体育の日、秋晴れ!

ローカルな記事ですが、我が町諏訪神社の秋祭りが昨日までありました。Img_1652

      初日の夜は恒例の村芝居です。

Img_1660

山車は町に2台ありまして、まだ新しい山車。

この町の諏訪神社は、18年前に新しくなったので、歴史は浅い諏訪神社です。

2日目は、歌謡芸能もありまして、地元歌手の「島育Img_1658 子さん」の演歌ショウです。カズは初めて島育子さんの歌を聞きました。新曲は「遠州天竜川下り」です。素敵な曲と詩でして。

この島さんは普段は地元でタクシー運転手だそうで、観光客に歌のサービスをしているそうで粋な地元歌手兼タクシードライバーです。

 今日は、体育日で素晴らしい秋晴れでした。一度、走ってみたいと思っていた天竜川河Img_1662 川敷きの遊歩道をジョギングしました。スタートは浜北大橋先の起点まで、バイクで行きそこから、この遊歩道をrun9:00にスタート。

グングンと気温が上昇して、25℃はありました。

薄手の長袖で一枚でしたが、それでも汗が滴ります。

この遊歩道は、掛塚橋まで続いており、片道18キロはあります。

そこからは、堤防沿いを走り、天竜川河口まで続いています。

河口からは、太平洋にそのまま堤防で続いていて、そのまま海岸に行けます。

Img_1665  この写真から3km行くと、中田島砂丘となります。

久しぶりの海です。秋の海も静かな眺めで良いですね。

ここから折り返し。

この天竜川河川敷は休日はいろいろなスポーツを楽しんでいます。

モトクロスのバイク、ラジコンのバギーやヘリコプター・飛行機。このラジコンの飛行機は、カズより年配者が楽しんでいました。楽しそう!

 約4時間のLSDでした、ウォーキングも含めて、気持ち良い体育の日。

          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

挑戦(チャレンジ)することの大切さ!

今日も昨日に続き、昨日の富士登山のことを記事にします。なんでもポジティブに挑戦(チャレンジ)することの大切さ実感しました。

山頂に立って下の写真、気圧と酸素が少ない関係で少し頭痛がしているのですが、そんなことは気にせずに、富士山の大自然を大いに堪能しました。でも休憩室やあちこちでこの気圧と低酸素状態にダウンしている登山者がいっぱいでした。

Img_1568_2

「念ずれば夢かなう」今年の元旦に40歳代最後の年に富士登山を心に誓い、富士登山に向けて夢膨らませてきました、いろいろとネットで富士登山の研究もしたり、またブログに何度も憧れの富士山の写真を掲載していました。以前ブログの記事にもしましたが、高田先生著書の「念ずれば夢かなう」の内容が頭に甦ってきました。夢や目標に向かって前向きにいつも念じる(強く思う)ことで、それが実現する。

Img_1545_2

Img_1534

今回拝むことが出来た、ご来光も強く念じていたお陰でしょうか?この瞬間は本当に言葉になりませんでした。ご来光前後の素敵な景色は写真だけでは表現できませんが。

この7合目の雲が9合目にはいつの間にか開けて、下界が見え始めた時も感動でした。

Img_1561

写真左がその9合目からの登ってきた参道と富士宮の眺めです。この9合目が富士富士登山で一番きつい地点。酸素が少ないのでちょっと登ると息が切れて凄く苦しい。今回は持参して携帯用酸素がここから活躍してくれました。空気(酸素)って美味しいなと実感。happy01

↓↓ 飛行機からの景色のような雲の上airplane 写真右手はアルプス連峰、左手が駿河湾から太平洋。

Img_1575_2

 ↓↓ 初めて見た富士山の噴火口(お釜)。残雪がいっぱいありました。このお釜一周のも、気になる頭痛で最初は躊躇しましたが、でもチャレンジして良かったです。全国にいろいろな富士見のスポットがありますが、カズはその反対の富士山頂から360度、これぞ日本一のパノラマです。

  Img_1585_2

富士山頂からの青空の青さも最高です。地上での青さとは全く違います。写真はお釜から空を取った写真です。400万画素の携帯用のデジカメなので、肉眼での見た色合いが出ませんが、丁度、月が青空の中にありますが、なんとも言えない景色に見とれました。

Img_1580

↓↓↓ 山梨方面のパノラマです。この眺めも素晴らしかったなshineこの写真でははっきりと見えませんが、左側見えるのが八ヶ岳でしょうか?右側には奥多摩・大岳山。もっと性能の良いカメラ欲しいと思いました。

Img_1581

富士山頂での素敵な時間を2時間堪能し、10時30分に下山スタート。下山する時間には登頂を目指す人ごみで、富士宮口参道の9合目から8合目は渋滞状態でした。いやいや凄い人ごみです。下山は写真を撮る暇もないくらいに一挙にトレイルラン感覚で下山しました、(ロープで登山道を確保してある場所は登りの登山者ですし詰め状態なので、ロープ外の道をトレイルランの練習のつもりで走って、途中何度も尻餅しそうになりましたが、登り9合目で記念に買った杖のお陰で転ばずに、でもかなり危険なので、後で少し後悔しました、でもトレイルランには最適な悪路です)下山は2時間で終了でした、日ごろ徒歩通勤で登り道を歩いている鍛錬のお陰でゴールまで元気・元気scissors帰りに富士宮の日帰り温泉で体のケアをしてすっきりして帰路に。翌日も多少いつもの左足関節の張りを感じるくらいで筋肉痛は殆どなし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧